欅坂46平手友梨奈が10代のアーティストを応援「自信を持って頑張って欲しい」

「未確認フェスティバル2017」応援ガールに就任した平手友梨奈

欅坂46の平手友梨奈が10代アーティスト限定の夏フェス「未確認フェスティバル2017」の応援ガールに就任。13日、都内で行われた記者発表会に出席した。


平手が4月からレギュラー出演している10代に人気のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK』(TOKYO FMほか)が、タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクと共催する「未確認フェスティバル2017」は、10代のアマチュアアーティストたちが全国から集結する音楽フェス。
三次審査までを勝ち抜いたアーティストが、8月27日(日)、東京・新木場STUDIO COASTで開催されるファイナルステージに出演し、最も多くの評価を集めたアーティストに優勝賞金100万円が贈られる。

ギターを抱えて登場した平手は、10代のアーティストたちへ向けて「自信を持って頑張って欲しい」と語り、『SCHOOL OF LOCK』で恒例の黒板にメッセージを記入。「人生一度きり 楽しんでやろうじゃん!」と書き、「人生一度きりだし、一回きりのチャンスを逃してほしくないし、楽しんでもらいたい。私も欅坂46の活動を楽しんでやれてるし、楽しまなきゃ損だと思う」と同世代アーティストの背中を押した。
また、「中学生や高校生の方にも、辛いこととかたくさんあると思うけど、一緒に頑張りたいという気持ちが強いので、ライブなどに来ていただいて、勇気や何かのきっかけを与えられる存在になりたい」と力を込めた。

2016年は女優の永野芽郁、2015年は元乃木坂46橋本奈々未さんが務めてきた同フェスの応援ガール。就任にあたり平手は「歴代の方の名前を見て、ここに私が並んでいいのかなって不安な気持ちが大きかった。すごくありがたく思っています」と恐縮しきりだが、全国のタワーレコードに貼られるポスターがお披露目され、会見の司会を務めた『SCHOOL OF LOCK』パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭から「カッコイイ!」と絶賛されると、「本当ですか?良かった〜」と安心した様子。「カッコよく撮りたいって言ってくださって嬉しかった」と笑顔を見せた。

会見では、ファイナルステージのライブゲストとして、Mrs.GREEN APPLEの出演と、特別審査員を音楽プロデューサーの蔦谷好位置、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎、モデルの菅野結以が務めることも発表された。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top