島崎遥香のブレない塩対応に鈴木奈々が感心「人を選ばないところがいい」

女優の島崎遥香とタレントの鈴木奈々が18日、都内で行われた「サマージャンボ宝くじ」発売記念イベントに登場した。


現在放送中のCMに出演している2人は、“夏祭り”をイメージしたCMにちなみ、浴衣姿で登場。
CM撮影を振り返って、鈴木は「めっちゃ緊張しました。でも、ぱるるさんが緊張を和らげてくれて、楽しい撮影ができました」と島崎に感謝しつつ、「でも、ぱるるさんはマジでめちゃめちゃ塩対応だなと思いました」と率直な感想を述べる。2日間一緒にいて島崎のことをたくさん知れたといい、「ぱるるさんのいいところは、私にも塩対応だし、役所(広司)さんにも塩対応なんですよ。人を選ばないでみんなに塩対応なところがいい」と話す。とはいえ、苦手な芝居について島崎から助言をもらったりもしたようで、「愛のある塩対応の方だなと思いました」と印象を語った。

夏祭りの思い出を聞かれた鈴木は、現在の夫と付き合っている頃に地元・茨城県の小さな祭りに行ったエピソードを披露。「じゃがバターを一緒に食べたりとか、焼きそばを一緒に食べたりとか、すごい思い出がありますね。あと、帰り道にキスをしたんですよ〜!」と、思い出しながら1人盛り上がって隣の島崎の肩を何度も叩き、「暗い夜道でキスが良かったですね。浴衣を着てたので、『いつもより可愛いね』って言ってくれた。ぜひ、キスおすすめですよ!祭りのキス!」とハイテンションで迫り、島崎の困り顔を一段と強調させていた。

今年は「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ1億円」に加え、1等100万円が5,000本用意された「サマージャンボプチ100万」が新登場。
「100万円当たったら?」との質問に島崎は「日用品を買い溜めしておく」と堅実な回答。一方の鈴木は「車が大好きなので車を買いたいですね。ぱるるちゃんと役所さんと3人でドライブに行きたい。牛久大仏に行ったり、茨城を案内したいです」と目を輝かせる。しかし、島崎は「役所さんが行くというなら……行きます」と塩対応。行くとしても「移動中は寝たいですね」と要望を出すも、鈴木から「絶対寝かせない!」と一蹴されていた。

イベントでは「夏祭り」にちなみ、ジャンボわたあめ作りにも挑戦。鈴木は「すごい楽しかった!お祭りで売りたい!」と大興奮だった。
「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ1億円」「サマージャンボプチ100万」は本日より8月10日まで発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top