クレイジーケンバンド×宮藤官九郎、テレビ初共演 名曲コラボも実現

「The Covers クレイジーケンバンド結成20周年スペシャル!」

アーティストが影響を受けた曲や思い出深い一曲をカバーするNHK BSプレミアムの『The Covers』。あす7月28日(金)の放送は、「クレイジーケンバンド結成20周年スペシャル!」と題してお届けする。


今年、結成20周年を迎えたクレイジーケンバンド。番組最多出演を誇る彼らが、トークにも11人のメンバー全員が初参戦。スペシャルゲストには彼らと縁が深く、脚本家・監督・俳優・ミュージシャンとして活躍する宮藤官九郎が登場し、バンドとのテレビ初共演を果たす。

カバーでは、欧陽菲菲の「雨の御堂筋」と「警察メドレー」を披露。
宮藤官九郎が所属するバンド“グループ魂”に「欧陽菲菲」というタイトルの曲を提供するほどの“菲菲好き”の横山剣。パフォーマンスのラストには、欧陽菲菲へのリスペクトを込めたCKBならではの遊び心も見せる。
「警察メドレー」では、“刑事ドラマ主題歌”をメドレーで披露。
ザ・スパイダースでも活躍した大野克夫作曲による「太陽にほえろ!」のテーマでは、横山剣がキーボードを華麗に演奏。中西圭一のサックスプレイにも注目だ。
杉良太郎「君は人のために死ねるか」では、CKBの真骨頂が炸裂。
さらに、彼らの20年がギュッと詰まった全7曲の「クレイジーケンバンド結成20周年SPメドレー」も披露する。名曲「タイガー&ドラゴン」でのCKB×宮藤官九郎による、初めてのコラボレーションは息を呑む仕上がりに。

トークでは、刑事ドラマ好きの宮藤が「もしもCKB主演の刑事ドラマを書くとしたら・・・」 の空想トークで、一同大爆笑。さらに、番組にもファンが多い、横山剣の“クレイジー鍵盤”による弾き語りも。結成20周年を迎えたCKBのルーツから、メンバーの素顔が見えるトークまで、充実の内容となっている。

『The Covers クレイジーケンバンド結成20周年スペシャル! 』はあす7月28日(金)22:00よりNHK BSプレミアムにて放送。
MCはリリー・フランキーと仲里依紗が務める。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top