欅坂46がTIFに再登場 ひらがなけやきは初TIFに感慨【TIF2017】

2回目のTIF出演を果たした欅坂46

欅坂46が5日、東京・台場、青海周辺地区で開催中のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(以下、TIF)に出演した。


昨年に続き2回目のTIF出演となる欅坂46は、けやき坂46(ひらがなけやき)を加えた「欅坂46(欅坂46+けやき坂46)」として出演。
TIFのメインステージとなる「HOT STAGE」に登場すると、7月19日に発売したばかりの1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」に収録された「危なっかしい計画」からライブをスタートさせた。

キャプテンの菅井友香が「昨年に引き続きTIFに出演させていただきましてありがとうございます!去年よりももっともっと熱いライブにしたいと思います!」と意気込み、ひらがなけやきを呼び込む。
メンバーの影山優佳はグループ加入前にTIFに遊びに来たことがあると明かし、「アイドルが大好きなんですけど、こうやってアイドルとしてステージに立たせていただけて嬉しい」と感慨深げ。佐々木久美は「私たちは去年、漢字さんのTIFのライブを見てずっと憧れていたので、今日はその気持を存分にパフォーマンスで発揮したいと思います!」と宣言。念願のTIF初登場を果たした12人は1stアルバムに収録されたひらがなけやきの最新曲「永遠の白線」、そしてライブで定番の「誰よりも高く跳べ!」をパフォーマンス。佐々木久美が中心となって会場を煽り、熱気を一段と高めた。
その後は再び欅坂46のメンバーが登場し、「二人セゾン」「サイレントマジョリティー」とヒットシングルを立て続けに披露してステージを終えた。

今年で第8回を迎える「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」は、毎年夏にお台場・青海地区を会場として開催される世界最大級のアイドルイベント。合計223組、延べ1000人以上のアイドルが出演する。6日(日)まで開催。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top