乃木坂46、全国ツアーで「あさひなぐ」主題歌初披露 15人での“なぎなた”パフォーマンスも

主題歌「いつかできるから今日できる」を初披露する乃木坂46

乃木坂46が11日、仙台・セビオアリーナ仙台にて「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017」の宮城公演を行い、映画『あさひなぐ』の主題歌を初歌唱した。


盛り上がりを見せるライブ中盤、「おいでシャンプー」が終わると、高山一実と秋元真夏による『あさひなぐ』プロジェクトについての紹介が入り、その直後にステージ上には胴着・袴姿のメンバーたちが登壇。“なぎなたパフォーマンス”が始まった。

映画で主演を務める西野七瀬

映画で主演を務める西野七瀬

登場したメンバーは、映画版キャストから、西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、生田絵梨花、中田花奈、斉藤優里、舞台版キャストから齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子の総勢15人。
5月30日に行われた舞台『あさひなぐ』のライブビューイングイベントで、14人による団体基本と言われる素振りを披露したことはあるが、曲に合わせてなぎなたを操るパフォーマンスは今回が初めて。圧巻の舞に会場に集まった5,000人の観客は大熱狂。

パフォーマンス後、乃木坂46公式サイトで募集した「部活道 青春の1ページ」エピソードを井上小百合が紹介した後、満を持して映画主題歌「いつかできるから今日できる」をライブ初披露した。
同楽曲は映画のテーマでもある青春や挑戦をテーマにした前向きな応援ソング。映画ポスターなどで主題歌タイトルが明かされて以降、ファンが楽曲の解禁を待ち望んだ中での初披露となり、会場は大きな盛り上がりを見せた。

乃木坂46の全国ツアーは13日まで同所にて宮城公演を行い、その後、大阪、愛知、新潟をまわり、11月の東京ドーム公演へと続く。
映画『あさひなぐ』は、2014年度に小学館漫画賞(一般部門)を受賞した、こざき亜衣による同名漫画が原作。薙刀に全てをかける女子高生の青春を瑞々しく描く。9月22日全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top