夢みるアドレセンス、5周年ツアーで新メンバーの募集を発表

夢みるアドレセンス

夢みるアドレセンスが13日、結成5周年を記念したツアー「5th Anniversary Tour “真夏の夜のYUME LAND”」の東京公演を恵比寿リキッドルームで開催。新メンバーを募集することを発表した。


ライブでは11月にニューシングルのリリース決定、ファンクラブの発足がメンバーからアナウンスされ、ユメトモ(夢みるアドレセンスのファンの総称)を大いに喜ばせたが、アンコール終了後には、会場に設置されたスクリーンにて新メンバーの募集が告知され、会場は大きなどよめきに包まれた。
2012年に6人で結成された夢アドは、喉の治療のため休業していた小林れいが今年7月より復帰し、現在の4人体制に。6年目に突入したグループはさらなる新しい形を見せてくれそうだ。

本ツアーは7月の北海道・札幌KRAPS HALLを皮切りに全国5大都市で開催するもので、東京は2か所目。前日8月12日に結成5周年を迎えたばかりと言うこともあり、お盆真っただ中の時期ながら会場には大勢のユメトモが詰め掛け、メンバーを祝福した。

ライブは、3月にリリースされたベストアルバム「5」の収録曲を中心に、7月にリリースした最新シングル「ララララ・ライフ」や、インディーズ時代の楽曲も網羅した5年間の活動の軌跡を描いたセットリストで構成され、様々なミュージシャン、クリエイターが参加する楽曲派アイドルの夢アドらしく、1曲ごとに会場の熱量が上がっていく、ファンと一体になって作り上げる熱狂の一夜となった。
メンバーの荻野可鈴は「5年前にはこうしてアイドルとしての活動が続いていることや、ユメトモの前に立ってライブをすることが、こんなにも幸せを感じる瞬間になっているなんて思いもよりませんでした。これからも私たちと一緒に物語を描いてください」と感謝の気持ちを伝えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top