橋本環奈が山崎賢人につきまとう「斉木楠雄のΨ難」場面写真を初解禁

「斉木楠雄のΨ難」場面写真

シリーズ累計発行部数500万部を超えるシュールなギャグ漫画を福田雄一監督が山崎賢人を主演に迎えて実写化する映画『斉木楠雄のΨ難』の場面写真が初解禁された。


映画は、世界を滅ぼすことができる程のとんでもない超能力を持つ高校生・斉木楠雄が、年に一度の文化祭でワケありのクラスメートたちに囲まれ、Ψ難(災難)に巻き込まれていく様を描く学園エンタテインメント。

今回解禁された場面写真は、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄(山崎賢人)と、彼を取り巻くワケありのクラスメイトたちの姿を捉えた3点。

まずは、天下無敵の美少女であることを自覚している学園のアイドル照橋心美(橋本環奈)が、なぜか気になってしかたがない斉木にしつこくつきまとっているシーン。
そして、高校生離れした外見でかつ、とんでもないケツアゴを持った自称斉木の“相棒”燃堂力(新井浩文)、中二病にどっぷり浸かり、“漆黒の翼”として“謎の組織(ダークリユニオン)”と戦っている設定の海藤瞬(吉沢亮)、見た目は真面目だが、実は暴走族の元総長の窪谷須亜蓮(賀来賢人)らお騒がせトリオの、真顔なのに笑えてくるシーン。
さらに、本気になりすぎるとすぐにお尻が出ててしまうが、信頼が厚い熱血の学級委員長の灰呂杵志(笠原秀幸)に、燃堂がカンチョーをおみまいするシーン。

場面写真からはエンターテイメント性溢れる本作のカオスな世界観が伺え、公開に向けて期待が高まるばかり。
映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日(土)全国公開。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top