広瀬すず&菅田将暉、夏の後悔エピソードを告白

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公開記念舞台挨拶

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」公開記念舞台挨拶

女優の広瀬すずと俳優の菅田将暉が19日、都内の劇場で行われたアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の公開記念舞台挨拶に、声優の宮野真守、原作者の岩井俊二、米津玄師とのタッグで主題歌を担当した女性ラップシンガーのDAOKOとともに舞台挨拶に登壇した。


舞台挨拶では、本作のキャッチコピー「もしも、あのとき…」にちなんで、キャスト陣がやり直したいと思う「夏の後悔エピソード」を発表することに。
広瀬は専属モデルを務めているファッション誌「Seventeen」の毎年恒例のイベント「Seventeen夏の学園祭」でのファッションショーを回顧。「ちょうど1年前に初めてトップバッターを歩かせていただいた時に、何回聞いても歩くタイミングが覚えられなくて、2・3歩早く歩いちゃって……。誰にもバレてなかったんですけど」と話しながら、カメラに映る上半身だけを後ろに引いて誤魔化しながら歩いた様子を再現し、苦笑いを浮かべた。
菅田将暉は「この間、でっかい浮き輪をもらって、でもなかなか海に行く機会もないから家で膨らませてみたんです」と切り出し、「ちょうど間宮祥太朗とか友達が家に来たので、浮き輪を縦にして、間の穴をくぐるっていう遊びをしてたら、それで浮き輪が壊れちゃった」と告白。「海に行く前に壊れちゃったから、やらなきゃよかったと後悔してます」と残念がった。


本作は、岩井俊二の名作ドラマを『モテキ』『バクマン。』の大根仁が現代的な要素を加え、新たに脚本化。『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之が総監督を務め、アニメーションスタジオ「シャフト」とタッグを組み、夏のある1日の、淡く瑞々しい少女と少年たちの恋と冒険を描く。

「伝説のヒロイン」とも言われた本作の主人公・及川なずなの声を担当した広瀬は「あの瞬間にしかいなかったなずなというか、瑞々しさの中にちょっと色っぽさがあったり、そんななんとも言えないヒロインのなずなが、今回アニメーションになって、壊しちゃいけないなっていう思いがあったし、技術があるわけじゃないので難しかった」とプレッシャーがあったことを率直に明かした。

なずなのクラスメイト・島田典道役でアニメーション声優初挑戦となった菅田将暉は「なるべく当時の自分を思い出しながらやりました」と中学時代の記憶を手がかりに演じたと話す。すると、公開初日に小・中学校が同じだった地元の友人から本作を観たと連絡が来たそうで、『あの頃の感じをちょっと思い出した。この度、子どもが産まれました』ってメールが来て、ええ〜!って。同級生で子ども産まれたのが初めてだったからビックリしましたね」と旧友の予想外の知らせに驚いた様子だった。

そんな2人の演技について、数々のアニメーション作品に出演してきた宮野真守は「この作品の瑞々しさは出そうと思って出せるものではない。2人の持っている、もともと備わっている持ち物が、この画面の中でとても輝いていたなっていうのを完成版を観てさらに感じた」と賞賛を送る。「普段のアニメーションの空気感ともまたちょっと違う質感があって、リアリティーがあるドラマ的なセリフの間合いだったりとか、そういうのを一緒に演じることができて、僕も新たに2人から引き出してもらった」と充実感をにじませた。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は8月18日より公開中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top