貫地谷しほりは幸福の女神? 結婚にまつわる噂の真相を語る

女優の貫地谷しほりが結婚情報誌『ゼクシィ』の姉妹版『ゼクシィ Premier(プレミア) AUTUMN 2017』(8月23日発売)の表紙に登場する。


実はいま、貫地谷の身の回りではある噂が流れているという。それは貫地谷が昨年から始めたインスタグラムで2ショットを投稿した平愛梨、佐々木希らが結婚したことに端を発する「貫地谷しほりのインスタグラムで2ショットをアップされた人は結婚する」というもの。
本人に真相を確認すると「私は何もしていません(笑)。確かに周りから私が仲をとりもったと言われたこともありますけど」とのこと。しかし、この意図せぬ幸せの連鎖に対し「周りにいる人がハッピーになっていく過程を見るのはいいですよね。クールだった子がお相手との関係を築く中でキュートになっていったり、外見もみるみる綺麗になっていくのがよくわかります。そんな変化がある結婚って素敵だなと思います」と、目を輝かせながら語った。

「ゼクシィ Premier AUTUMN 2017」表紙

「ゼクシィ Premier AUTUMN 2017」表紙

では、自身の結婚についてはどう考えているのだろうか?
「結婚は20歳と20代半ばで強く意識しました。単なる憧れで実現には至りませんでしたが(笑)。30代になり、今はそんなブームも落ち着いています。結婚した友人達の話を参考にしつつ、自分だったらどうするか、なんて考えたりすることもあります」と現実をしっかり見据え、来たる日に備えているよう。
タイミングについては「夏休みの宿題のようにはなりたくないです」と独特の表現で回答。「私は何事も焦って何かをすることが嫌なんです。メイクも1時間でできるのに2時間半かけたり(笑)。実際は追い詰められないとできない性格なんですけどね。でも、結婚は特別なことだし、十二分に余裕をもって決めていきたいです」と、大切にしている信念を明かした。

結婚相手に求めるものとして、貫地谷が第一に挙げたのは「気遣い」。「結婚生活はふたりで積み重ねていくもの。変化に気付いて言葉をかけてくれるとか、私がどう思っているのかを気にしてくれるとか、その逆もまた然り。小さな気遣いを積み重ねていけば、きっと結婚生活はうまくいく気がします」と語る。一方、プロポーズに関しては「一生記憶に残るプロポーズをしてもらいたいです。私に対する想いを100とまでは言いませんが、90は伝えてほしいですね」と、照れながら憧れを口にした。

33歳からの“大人のウエディング”を紹介する『ゼクシィ Premier』。今号は、綴じ込み付録に「手続き・届け出・もらえるお金BOOK」や「今、大人が選びたい 最旬ドレス BOOK」。特別付録にはギフトのセレクトショップ『BIRTHDAY BAR』とコラボした「贅沢サテンの豪華ルームウエア上下セット」付き。
今西裕子編集長は「女性らしい雰囲気の中に、凛とした強さを感じる貫地谷しほりさん。そんな大人の女性代表の貫地谷さんに、プレミア世代の花嫁姿を表現していただけたら、とご登場いただきました」と表紙に貫地谷を起用した理由を明かしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top