「東京アリス」登場キャラはみんな「良い子」? 山本美月・トリンドル玲奈らアピール

「東京アリス」完成披露試写会

Amazonプライム・ビデオで配信される連続ドラマ『東京アリス』の完成披露試写会が24日、都内で行われ、主演の山本美月をはじめ、トリンドル玲奈、高橋メアリージュン、朝比奈彩、大谷亮平、そして瀬田なつき監督、菊地健雄監督が登壇した。


原作は講談社「Kiss」で連載された同名漫画。人生の岐路に立つアラサー同級生4人組の恋愛模様を描く。
それぞれの役どころを聞かれると、買い物中毒の主人公・有栖川ふうを演じた山本は「金銭面ではダメなところもあるけど、すごく天真爛漫で、良い子です」と紹介。続いて、駆け出しの漫画家・羽田みずほ役のトリンドルも「ダメ男ばっかりを好きになってしまう女の子なんですけど、すごく優しくて、家庭的で、良い子です」と負けじとアピール。
生粋のお嬢様・円城寺さゆり役の朝比奈彩が「大人になるにつれて強がってしまったりとか不安になったりすることを言葉にできなかったりすると思う。さゆりは不安に思うことを全然言葉にできなくて、そういうところがすごく似ていて、だからさゆりちゃんもすごく良い子です」と続け、クールな女医・桜川理央を演じた高橋も「欠点を探すとしたら、好きな人に素直になれない女子」としたうえで、「正義感が強いし、しっかりしているし、ただただ良い子です」と、それぞれ演じたキャラクターの「良い子」ぶりをアピールした。

冷徹で容赦ない仕事から“アイスマン”と呼ばれる奥薗慎二を演じた大谷について、朝比奈が「撮影中はアイスマンっていう感じはしなかった」と現場での様子を伝えると、山本は「すっごい天然なんですよ、こう見えて恐ろしく天然」と大谷の意外な一面を暴露。撮影中、劇中で使っていた携帯電話の待ち受け画面を見せたところ、そこに映っていたカピバラを大谷が「モモンガ」と呼んだことを明かした。
長く韓国で俳優活動をしていた大谷は「カピバラは韓国にはいない。だから知らない」と言い訳したそうで、山本は「それって韓国の方に失礼だと思う。絶対、韓国の人もカピバラ知ってると思うんですよ」と主張。大谷は「カピバラはここ何年かで流行ったと思う。そういうオシャレな動物は知らない」と謎の弁解で会場を笑わせた。

その後、事前にTwitterで募集した恋愛相談にキャストが回答する恋愛相談コーナーに突入。
自分に自信がないため、好きな人ができても、他に彼を好きな人がいたりするとすぐに応援する側になってしまう、という女性から「どうしたら臆病な自分を変えられますか?」という相談に、大谷は「若い方なら臆することなくぶつかって、結果がどうあれ思い出に変えていったほうが20代はいい。自己中でいいんです」とアドバイス。
先程は天然ぶりをイジられた大谷だが、年上らしい重みのある言葉に女性キャスト陣も納得の表情だった。

連続ドラマ『東京アリス』はAmazonプライム・ビデオにて、8月25日(金)より独占配信がスタート。全12話。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top