DISH//矢部昌暉が北村匠海の告白をVR体験「ドキッとしちゃう」

「ライブバスVR」発表会に出席したDISH//

5人組ダンスロックバンド・DISH//が31日、都内で行われた「ライブバスVR」の発表会に出席した。


高速路線バス事業を手掛けるWILLERは、ライブ会場直行バス「ライブバス」の移動中に、KDDIが制作した限定VRコンテンツを楽しめる「ライブバスVR」の提供を開始する。
第一弾としてDISH//が来年元旦に開催する「DISH// 日本武道館単独公演 ’18元日」のツアーバスで「ライブバスVR」を運行。メンバーとの雑談やデート、告白などのシチュエーションを、臨場感溢れるバイノーラル音源とともに体験することができる。

北村匠海は「日本初、世界的にも初めてと聞いて僕たちもすごく楽しみにしていますし、僕たちを応援してくれるファンの方々が車内をより楽しんで過ごせるようにとご提案していただいたので、嬉しいです」と話し、「撮影している時は、どんな映像になっているのか僕らも想像つかなかった。見たこともないようなカメラを使って、最新技術を間近で見たので完成が楽しみ」と目を輝かせた。

ここで、メンバーを代表して矢部昌暉が、北村匠海の「告白」編を体験することに。まだ完成したVRコンテンツの映像を見ていない5人は「おお!」と一様に喜びの声をあげたが、システムのトラブルでスクリーンに映像が映らず、ゴーグルを装着した矢部だけがVRコンテンツを一足先に体験した。
映像がスタートすると、矢部は「おお!匠海がここにいる!」と左隣りを手で探り、最後の「好きだよ」という北村のセリフに「ああ〜!好きだよって言われた!!」と大興奮。
ゴーグルを外すと、「これすごいですね。隣に匠海がいて、映像もきれい。みんなに聞かれないようにボソボソ声で、恥ずかしげな『好きだよ』が聞けた。ドキっとしちゃいますよ、これ」とVRの臨場感を力説した。

最後は北村が「来年の武道館のバスツアーということで、長旅にもなるだろうし、快適な旅にしてほしいという思いで撮影しました。誰も体験したことのない僕らのVRの映像を楽しんでいただけたら」とライブバスVRをアピールしてイベントを終えた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top