菅田将暉、“注目選手”井手口のゴールに歓喜 スコア予想もピタリ的中

俳優の菅田将暉が31日、東京・六本木のニコファーレで行われた、サッカー日本代表を応援するイベント「au 全力を全力で応援するパブリックビューイング」に登場した。


この日、日本代表は2018年FIFAワールドカップアジア最終予選の第9戦でオーストラリアと対戦。ニコファーレでは、勝てば予選突破、ロシアW杯本大会出場が決まる重要な一戦を、南海キャンディーズの山里亮太とお笑いコンビ・バンビーノの2人が、100人の観客とともに見守った。

菅田は1-0で折り返したハーフタイムに登場。前半終了間際に浅野のゴールで先制し、日本のリードに沸く会場のボルテージがさらにヒートアップした。
後半は菅田も一緒にステージ上で観戦。試合の予想を聞かれると「2-0」と予想し、注目している選手には、菅田の地元・大阪を本拠地とするガンバ大阪所属の井手口陽介選手の名前を挙げた。すると後半37分に、その井手口選手が追加点となるゴールを決め、菅田は立ち上がって大喜び。「いや〜、嬉しいですね」と満面の笑みを浮かべた。
また、サッカー少年だったという菅田は「小さい頃、ガンバユースにボコボコにされました」と苦い思い出を明かしたり、「パスが好きで、ポジションはトップ下だった」「代表戦はよく役者仲間と一緒に観ている」とサッカー談義にも花を咲かせていた。

試合は2-0で日本が勝利し、こちらも菅田の予想がピタリ的中。
山里は「まさに“持ってる”男!」と囃し立てつつ、試合開始時に自身も2-0と予想していたことから、「僕が一番最初に2-0って予想してたのをみんな途中から忘れて菅田くんの予想になってた。俺も地味に当たってるんだぞ」とボヤいていた。
菅田は「すごい感動しました。日本ってすごいですね。嬉しいです。井手口選手の活躍も嬉しかったです。お疲れ様でした」と日本代表の勝利を喜んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top