欅坂46渡辺梨加&渡邉理佐、2ショットで手繋ぎランウェイ【TGC2017AW】

2ショットで登場した渡邉理佐と渡辺梨加

欅坂46の渡辺梨加、渡邉理佐が2日、さいたまスーパーアリーナで開催された「マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」(TGC)に登場した。


2人は「LOWRYS FARM」のステージに2ショットで登場。仲良く手を繋いでランウェイを歩くと、先端では頭を寄せ合い、同じポーズで決めてみせた。

その後は「WEGO」のステージに、今度は1人ずつ登場。今年7月にファッション誌「LARME」のレギュラーモデルに起用された渡辺梨加は、同様の大型ファッションイベントでのランウェイ経験はあるものの、TGCは今回が初登場。ポーカーフェイスで知られる渡辺の顔にも流石に緊張の色は隠せなかったが、42メートルのランウェイを無事に歩ききった。
今年3月に「non-no」新モデルとなった渡邉理佐は前回に続き2回目のTGC出演。インナーの色と合わせた赤いタイツを光沢ある黒のベロア素材のスカパンからのぞかせ、先程の渡辺と色違いのグレーのチェックのジャケットを羽織るスタイルで、ランウェイの先端では客席に向けてウインクを放った。

「東京ガールズコレクション」(TGC)は「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催されている国内最大級のファッションイベント。今回は“その向こうへ”という意味を持つ「BEYOND」をテーマに最旬コンテンツを展開。総勢100人以上のモデルたちがランウェイを歩き、大原櫻子、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、DANCE EARTH PARTYら人気アーティストによるライブも行われた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top