松山ケンイチのお尻は狂気的? 吉高由里子ら爆笑

「ユリゴコロ」完成披露試写会

3日、映画『ユリゴコロ』の完成披露試写会が都内で行われ、女優の吉高由里子、俳優の松坂桃李、松山ケンイチらキャスト陣がレッドカーペットを歩いたのち、舞台挨拶に登壇した。


本作は、沼田まほかるの同名ミステリー小説を『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督が実写化。生まれながらに「人間の死」を“拠りどころ”とし、絶望的な喪失を抱えながら数奇な人生をたどる美紗子を中心に、過去と現在が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄されていく様を描く。

人を殺めることで自分の心が満たされる主人公・美紗子を演じた吉高は、作品について「クスっとするところが1つもない映画。観終わった後、魂が抜かれてると思う」と、その重厚さを強調する。
タイトルの「ユリゴコロ」は「心の拠りどころ」という意味。自身にとっての心の拠りどころを聞かれると、「大きな劇場でこうやって作品を見てくださる人たちを目の前にすると、この映画やってよかったなと。だから、こうやって観てくれる人たちがいることが今の私の拠りどころ」と話し、「だから何回も観に来てください。人を呼んで観に行ってください。300館以上でやるから焦ってるの、こっちも」と大規模上映のプレッシャーもうかがわせた。

美紗子と運命的な出会いをする洋介を演じた松山ケンイチは「由里子ちゃんと僕で裸になるシーンがあるんですけど、どこから撮られてもいいように準備して、お尻も出してやった」と意を決して臨んだ撮影を振り返るが、「完成を観たら、巧妙にお尻が隠されてるんです。ファンデーションまで塗ったのに」と不満を露わにする。理由を聞いたところ、「レイティング(年齢制限)にひっかかる」と言われたそうで、「いやいやいや、もっと狂気的で危ないものがいっぱい出てるでしょ? 僕のお尻はそれを超えちゃったの? ちょっとビックリしましたね」と納得いかない様子。吉高は「狂気的なお尻だったんでしょうね」と爆笑していた。

最後は吉高が、作中で登場人物がそれぞれ涙を流すシーンがあることに触れ、「観終わった後に誰かとこの映画について話し合いたくなると思うので、『1、誰の涙が一番共感できたか』『2、誰の涙が一番自分と離れていたか』『3、誰の涙を舐めたいか』という答え合わせをしてください」と観客に宿題を出して舞台挨拶を終えた。

イベントには佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、熊澤尚人監督も出席。映画『ユリゴコロ』は、9月23日より全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top