欅坂46、話題のスポットでCM撮影 「Overture」で幻想的な光とシンクロ

欅坂46が出演する「バイトル」新CM

欅坂46が求人情報サイト「バイトル」の新イメージキャラクターに就任し、メンバーが出演する新CM第1弾が9月12日より全国で放映される。


平手友梨奈らメンバー17人が出演する新CM第1弾「登場」篇および「ダンス」篇は、今月10日まで東京・渋谷ヒカリエで開催されている、渋谷ヒカリエ開業5周年記念企画「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」内、光のアートに包まれる超幻想空間での体験型音楽フェスティバル「チームラボジャングル」で撮影された。

「登場」篇は、巨大なミラーボールでさまざまな色の光が拡散する中、仮面をつけポージングした欅坂46のメ ンバーが登場。仮面をとったメンバーが光と紙吹雪の中で見せる舞いをハイスピードカメラでとらえた映像が幻想的なCMとなっている。BGMには欅坂46のライブでおなじみの「Overture」が使用され、“登場”感を盛り上げる。
「ダンス」篇は、時にゆっくり、時に激しく、ランダムな動きを見せる光線とシンクロするように、4thシングル「不協和音」のダンスを踊る欅坂46のメンバーを、ハイスピードカメラでとらえた幻想的なCM。こちらもBGMには「Overture」を採用している。

ポーズやダンスは4thシングル「不協和音」の振り付けを本CM用にアレンジしたものということで、メンバーも身体が覚えているのか、光の調整以外はほとんどNGもないまま順調に撮影は進行。
圧巻は「ダンス」篇で「不協和音」のサビ部分のダンスを踊るシーン。3テイク目で出た完璧な踊りは、監督やスタッフが思わず「すばらしい!!」と叫ぶほどだった。

撮影場所となった「チームラボジャングル」は、光と音の融合を楽しめる新感覚のイベントとして、この夏、多くの人々を魅了した話題のスポット。
撮影の合間には光のビームにじゃれるメンバーがいたかと思えば、光る巨大ボールを使って歓声を上げながらバレーボールでお互いぶつけ合う など、微笑ましい姿が見られた。

そんな非日常的空間での撮影を終え、長濱ねるは「すごく幻想的な場所で、『不協和音』を躍らせていただいたり、紙吹雪を使った演出があったりで、すごく楽しくて、不思議な経験をさせていただきました」との感想。渡辺梨加も「すごく幻想的できれいな空間で撮影ができて楽しかったです」と満足げだった。

両CMはいずれも、最後は平手の「はじまる!」という決め台詞で締めくくられるが、最近始めた新しいことを尋ねると、菅井友香は「最近“あんこ”を作るのにはまっていて(笑)、健康に良いと聞いたので、無糖のあんこを作って、 毎日牛乳と一緒に食べています」とマイブームを明かす。渡邉理佐は「マッサージボールを買って、レッスン終わった後などに自宅で身体をほぐしたりしています」と、ハードなダンスも多い欅坂46だけに、2人とも健康面には気を遣っているようだった。

CMの本編映像およびメイキング映像は、本日9月6日より、YouTube バイトル公式チャンネルにて視聴可能。

■「登場」篇

■「ダンス」篇

■メイキング




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top