Dream Ami、EXILE SHOKICHIのカラオケ選曲に感心「さすがです」

「LIVE DAM STADIUM STAGE」商品発表会に出席したDream Amiら

Dream Ami、Dream Shizuka、EXILE SHOKICHIらLDH所属のアーティスト7人が7日、都内で行われた業務用通信カラオケシステム「LIVE DAM STADIUM STAGE」の商品発表会に出席。それぞれのカラオケ十八番TOP3を明かした。


イベントにはDream Ami、EXILE THE SECONDのEXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKU、川村壱馬、吉野北人、DANCE EARTH PARTYからDream Shizukaが出席。

SHOKICHIはTOP3を90年代の楽曲が占め、1位に選んだH Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」について、「カラオケ行って1曲目ってけっこう迷うと思うんですけど、これを歌っておけば盛り上がるので、間違いないかな」と理由を説明。「いきなりバラード歌うのもな、という時もあるので、このくらいがちょうどいい」と、その場の空気を読んで選曲していることを明かすと、隣に座ったAmiは「カラオケ行ってまでも気を遣って、さすがです」と感心しきり。

そのAmiは、テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の主人公、野原しんのすけ(CV.矢島晶子)の「オラはにんきもの」を自身の十八番第2位に挙げ、「ちょっと場がしらけはじめた時に、モノマネしながら歌うと盛り上がる。秘密兵器です」と誇らしげに発表。
この日のイベント中、1人でカラオケに行くことを明かしていたが、「1人だとバラード多めで、ガチな感じで歌う。みんながいると盛り上がる曲を選んだりします」と話し、MCが「Amiさんも場の雰囲気を読まれるんですね」と言葉をかけると、Shizukaに「大人ですね〜」と感心され、「大人でした」と笑顔を見せていた。


また、THE RAMPAGEの川村は、1位に選んだEXILEの「運命のヒト」をはじめ、トップ3全てがLDHの先輩グループの曲。「中学生の頃にEXILEさんに衝撃を受けた。アーティストを目指すきっかけになった曲で、当時から友人とめちゃくちゃ歌ってました」と長年歌い込んできたことを明かし、「先輩方大好きで育ってきたので、今も変わらずです」とEXILE愛を熱く語った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top