川栄李奈、理系女子の農大生役で映画初主演 老舗酒蔵が舞台の青春物語

「恋のしずく」で映画初主演の川栄李奈

女優の川栄李奈が2018年公開の映画『恋のしずく』で映画初主演を飾ることがわかった。


本作は、江戸時代から酒造りが始まり、日本三大銘醸地の一つと称される“酒都”西条(東広島市)を舞台に、思いがけず老舗酒蔵で研修を受けることになった、オクテな理系女子の酒造りと恋の物語。

川栄が演じるのは、日本酒の魅力に目覚め、歴史ある酒造りに、そして初めての恋に奮闘し、人生の新たな一歩を踏み出すリケジョの農大生・橘詩織。
今年の春に放送されたドラマ『フランケンシュタインの恋』では元ヤンの大工職人、現在放送中の『僕たちがやりました』では、エロかわな女子高生と、幅広く個性的な役どころを演じ、さらにauの人気CM「三太郎」シリーズに新登場した織姫役も話題の川栄が、映画初主演作でどんなキャラクターを見せるのか、期待が高まる。

相手役の酒蔵の息子を務めるのは、昨年放送されたドラマ『朝が来る』で山本健太役を演じた、劇団EXILEの小野塚勇人。そのほか、宮地真緒、津田寛治、小市慢太郎らが脇を固める。
監督は、『マザーレイク』『カラアゲ★USA』『ラーメン侍』など、自然・地域をモチーフにした作品に定評がある瀬木直貴。
映画『恋のしずく』は10月下旬から撮影を行い、2018年全国公開予定。

■瀬木直貴監督コメント

米と水が出逢い、酒が生まれる。男と女が出逢い、恋が生まれる。酒と恋はいずれも人知を超えた神様からの恵みともいえる深遠な世界。豊穣な自然が育んだ日本酒の世界を知り、劇場を出た後にちょいと呑みたくなる、そして、恋がしたくなる、そんな作品を目指したいと思います。

■ストーリー

ワイナリ―での研修を夢見るリケジョの農大生、橘詩織。ところが、決まった実習先は広島県の酒蔵だった。やる気のない蔵元の息子、病に伏している蔵元、厳格な杜氏、そして、米農家であると同時に蔵人でもある美咲。美咲の家に下宿しながら実習を開始するが、詩織は失敗続き。そんな矢先、蔵元がこの世を去ってしまう。老舗の蔵はどうなるのか?そして、密かに芽生える恋の予感…。果たして、詩織の酒造りはどうなる―。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top