乃木坂46、「あさひなぐ」の世界観に通じる新曲ジャケ写公開

乃木坂46が10月11日(水)に発売する19thシングル「いつかできるから今日できる」のジャケット写真が公開された。


今回のジャケット写真は9月上旬に神奈川県鎌倉市で撮影。表題曲が主題歌に起用されている映画『あさひなぐ』(9月22日公開)の世界観にも通ずる寺社やそれに続く石段、そして境内といった和の雰囲気の中で、学校帰りを連想させる姿をとらえ、あたかも映画のワンシーンのような仕上がりのジャケット写真となっている。

「いつかできるから今日できる」TypeA

「いつかできるから今日できる」初回仕様限定(CD+DVD)盤 TypeA

Type-Aは今作のWセンターで、「あさひなぐ」の舞台版で主演を務めた齋藤飛鳥と映画版で主演を務めた西野七瀬が並んで歩くショット。Type-Bは一堂寧々役の堀未央奈と生田絵梨花、映画で宮路真春を演じた白石麻衣の3人が佇む3ショット。Type-C、D、通常盤にはそれぞれ今作の選抜メンバーがグループに分かれて登場している。

自然豊かなシチュエーションだったため、蜂や蝉などの虫を怖がりながらの撮影ではあったが、金宝山 浄智寺や建長寺など、由緒ある寺社での撮影ということで、メンバーの中には御朱印を頂いた者もおり、滅多にないロケーションを終始楽しんだ様子だった。

また、人物の自然な表情やナチュラルな写真を得意とし、広告界を中心に活躍しているカメラマン・てんてん氏が撮影した所にも注目したい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top