新垣結衣・瑛太・永野芽郁・瀬戸康史ら豪華俳優陣がレッドカーペット

「ミックス。」完成披露イベント

「ミックス。」完成披露イベント

映画『ミックス。』の完成披露イベントが20日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催され、W主演の新垣結衣、瑛太をはじめとする豪華キャスト陣がレッドカーペットを歩いた。


劇中で卓球のペアを組む新垣と瑛太、広末涼子と佐野勇人、瀬戸康史と永野芽郁はそれぞれ2人並んで登場。森崎博之、遠藤憲一、中村アン、斎藤司(トレンディエンジェル)、鈴木福、谷花音と続いた。
会場には約1000人の観客が集まり、キャストたちは客席にピンポン玉を投げ入れたりサインに応じるなど、ファンサービスを行いながらレッドカーペットイベントを歩いた。

恋と仕事に敗れた元天才卓球少女のOL・富田多満子を演じた新垣は、「ロマンティックコメディーで、楽しいお話でもあるので、そういう雰囲気も手伝って、キャストの皆さんとも撮影の合間にたくさんお話したりゲームしたり、同じように卓球という1つの目標に向かって一緒にやっている仲間として一緒に過ごせたので、本当にすごく楽しかったです」と撮影を振り返り、キャストの方を向いて「ありがとうございました」とあらためて感謝の気持ちを伝えた。

新垣と卓球のペアを組む元プロボクサーの萩原久を演じた瑛太は「“壁ドン”って流行ってたじゃないですか?今回の映画で僕がガッキーにやったのは“壁ドン”じゃないですから。もう“ドン!”ですから。日本中のガッキーファンに嫌われる覚悟で思い切りやってやりました」と声高に述べ、会場のガッキーファンからの歓声に「ああ、怖い!」とおどけていた。

トレンディエンジェルの斎藤司は「元・お笑い芸人の斎藤です」と挨拶して笑いを誘うと、「最初にオファーをいただいた時は、卓球のお話ということでピンポン玉の役かなと思って、マネージャーと1回相談しました」とジョークを飛ばして会場を盛り上げる。
谷花音は2011年放送の月9ドラマ『全開ガール』で新垣と共演。「撮影の前日からすごいワクワクしていて、結衣ちゃん忘れてないかなとかいろいろ考えていたんですけど、会ったら6年前の結衣ちゃんと変わらず優しかった」と久々の共演を喜んでいた。

イベントの最後には映画の内容にちなみ、新垣と瑛太が客席に向けてハート型の巨大ラケットで生スマッシュも披露した。

『ミックス。』は、『リーガルハイ』などを手掛けた脚本家・古沢良太によるロマンティックコメディー。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。10月21日(土)公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top