西野カナ、平成生まれ女性歌手初のドームツアー 大盛況で幕

初のドームツアーを開催した西野カナ

西野カナのデビュー10年目を記念して開催された、初めてのドームツアー「Kana Nishino Dome Tour 2017 “Many Thanks”」が、9月24日の東京ドーム公演で幕を閉じた。


本ツアーは、京セラドーム大阪と東京ドームで各2日間開催。平成生まれの女性ソロシンガーがドームツアーを行うのは史上初の快挙となった。

今回のステージは、今まで支えてきてくれた多くの人達への感謝の気持ちを込めた“ガーデンパーティ”がコンセプト。可愛らしい花が咲くガーデンの小道をイメージしたランウェイや緑に溢れたステージが、ナチュラルで温かい雰囲気を演出した。
そんなステージで西野は、ファンから愛されている人気曲の数々を熱唱。アカペラで始まり、一気に観客の心を掴んだ『Best Friend』を筆頭に、トロピカルな空気感で元気にダンスを見せながら歌う『パッ』、広いステージにたった一人で立ち、スポットライトを浴びながら切なく歌いあげる『会いたくて 会いたくて』など、衣装とともに表情を変え、曲ごとの世界観を表現した。

彼女のライブでは恒例となった100万色に光るペンライト“フリフラ”を使用しての会場全体を美しく光り輝かせる演出や、後方まで歌声を届けるために、ステージごと動くムービングステージを使うなど、終始観客を魅了し続けた。
さらに、西野カナ史上最多となる計13着の衣装を身にまとい、中盤のダンスメドレーでは瞬きを許さない早着替えにも挑戦するなど、息つく間もなく会場を沸かせていた。
なかでも、西野カナ自身が『大好きな曲」という『君が好き(Rearrange ver.)』では、光ファイバーが施された衣装で、ライブ用の強い光源と組み合わせた瞬間、全身が光るドレスを実現。まるで海の中でキラキラと光を放つ美しい海月のようなドレスを着たまま優しくバラードを歌う姿はとてもドラマティックだった。

アンコールでは、気球に乗って登場。広い会場をゆっくりと周り、笑顔で観客とアイコンタクトを取りながら、『GO FOR IT!!』を披露。MCではこれまでのライブと同じようにブログやSNSにコメントをくれたファンを会場から探し出したりと、どんなに広い会場でも、すぐ近くに感じられることを意識してくれているかのような、アットホームな空間だった。

なお、このツアーで初めて披露した、美しく優しいバラード『手をつなぐ理由』(10月18日リリース)のiTunesの予約注文が本日9月25日からスタート。11月15日には待望のオリジナルアルバム『LOVE it』をリリースする。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top