“個人PVの女王”乃木坂46伊藤万理華、予想外の展開に感慨「まりかっと。が報われた」

乃木坂46の伊藤万理華がサロン予約アプリ「requpo(リクポ)」のPRキャラクターに就任。26日、東京・原宿のドリーム*ステーションJOL原宿にて行われた就任式に出席した。


「requpo」は、メニュー・金額・日時など、ユーザーが出した条件を美容師が叶えてくれる、日本初の”検索がいらない”サロン予約アプリ。

乃木坂46の5thシングル『君の名は希望』の特典映像に収録された個人PV「まりっか’17」などが人気を博し、ファンからは「個人PVの女王」とも評される伊藤万理華。
今回、伊藤が「requpo」のPRキャラクターを務めるにあたり、乃木坂46の17thシングル『インフルエンサー』収録の個人PV「伊藤まりかっと。」を元にしたWebCM「リクポでポ♪」を制作。本日9月26日より公開となり、Webのほか、ラフォーレ原宿前のマイナビビジョンなどでも放映される。

再生回数230万回を突破している伊藤の個人PV「伊藤まりかっと。」は、伊藤が衝動的に自分で髪をばっさり切って歌い踊るという内容。
会見でリクポの木崎智之CEOは、「数年前に『まりっか’17』を見て、なんて面白い表情や動きをする人がいるんだと感心してしまって、それから伊藤万理華さんの大ファン」と話し、「伊藤まりかっと。」の世界観が「requpo」のサービス内容にピッタリということから伊藤にオファーしたことを明かす。
伊藤は「CDの特典映像からこういう形でCMデビューさせてもらえるのは、『まりかっと。』が報われた気持ち」と予想外の展開に感慨深げだった。

「伊藤まりかっと。」で着用している衣装の色違いを着て登場した伊藤は、同作について「カットが一番メインになっているんですけど、自分で地毛をガチで切ってる」と見どころを紹介し、「女の子が髪を切ることをネガティブに捉えてるイメージがあると思うんですけど、もっと明るく軽い気持ちで『今切りたいから切ろう』って切りました」と当時を回顧。作中で20センチほど髪を切っているが、切ったことに後悔はないかと問われると、「CMになっちゃうなら、よかったです」と笑顔を見せていた。

CM動画は15秒、30秒、45秒、60秒、90秒の5パターンを制作。60秒および90秒バージョンはアプリ内での限定公開となっている。
福島真希監督をはじめとする「まりっか’17」「伊藤まりかっと。」の制作チームが手掛けており、伊藤は「“まりっかチーム”で一緒にCMを作ったので緊張せずにいつものホーム感でやれました」と撮影を振り返った。

イベントの最後には伊藤が「やってみたい髪型」を自作のイラストで発表。「せっかくだし今の活動中じゃできない髪型」として、「切りっぱなしが流行った時にあれをやってみたくて、あと染めたことがないので、せっかくだし染めるなら緑がいいな」と、願望を明かしていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top