[Interview] メジャーデビューから1年、待望のフルアルバム&全国単独ツアーを控えた「魔法少女になり隊」が現在の心境を語る!

魔法少女になり隊

ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド「魔法少女になり隊」が2017年9月、待望の1stフルアルバム「魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~」をリリースし、自身初となる単独全国ツアーを敢行する。メジャーデビューから1年、冒険を重ね、確実に経験値を挙げているバンドメンバー、火寺バジル(ヴォーカル)、gari(VJ&ヴォーカル)、ウイ・ビトン(ギター)、明治(ギター)にアルバムのコンセプトや、ツアーへの意気込みを聞いた。

――昨年9月にシングル「KI-RA-RI」でメジャーデビューしてから1年、いよいよ1stフルアルバムが発売されますが、デビュー当時はこうした状況を想像していましたか?

gari:バンドとして、いろいろ目指す方向性はあるのですが、RPG系という意味では、先が見えすぎてしまっても面白くないなという思いがあるので、あまりビジョンというのは意識しないでやってきました。

――とてもバラエティに富んだ楽曲が魅力的なアルバムになっていますが、どんなコンセプトで曲作りをしたのでしょうか?

明治:うちのバンドは、基本的にウイさんがワンコーラスのデモを作って、それに対してメンバーみんなでイメージを膨らませて作っていくという感じなのですが、ライブ中にVJ(ビジュアルジョッキー)を使ったりするので、音とビジュアルをつなげる考えはあります。

gari:リードトラックの「完全無敵のぶっとバスターX」も結構シンセの音が強く、なんとなくSFチックな未来感のあるビジュアルが浮かんできました。ミュージックビデオとかも、すごくこだわっています。

――曲を聴いていてビジュアルが頭に浮かぶ曲が多いのはそういったコンセプトで曲を作っているからなんですね。

gari:そうですね。初ライブからVJを取り入れてきたので、音楽を聴いて映像が思い浮かぶというのはうれしいです。

――ファーストアルバムに込めた思いは?

gari:全体的なコンセプトを“ゲームを作る”というイメージに決めていたんです。トラックの最初と最後が、ゲームの始まりと終わりの音みたいな……。ジャケットもファミリーコンピューターのオマージュだし、箱に入っているところもノスタルジーを感じる人がいると思います。ファミコンを知らない人だと、単純に可愛らしいと思うかもしれません。

ウイ:最初のアルバムだったので、いろいろな方向性を示したかったんです。バリエーションを豊かにして、誰が聴いても、どの曲かは心に刺さるように心掛け、その思い通りにできあがった気がします。

明治:ジャケットも曲もパッケージも含めて「芸が細かいな」って思ってもらえるようなアルバムを目指しました。私自身が歌わせてもらった曲もあり、いろいろなベクトルに向いた楽曲があるので、このアルバムを聴いて「魔法少女になり隊」って面白いなって思ってもらえるような作りになっています。

バジル:(魔女にしゃべることができない呪いをかけられてしまったため筆談)メジャーデビューしてからいろいろ不安と期待があるなか、徐々に思いが膨らんできたことを具現化できたアルバムです。「まだ知らぬ勇者たち」というタイトルにあるように、今まで私たちのことを知ってくれていた人には存分に楽しめて、初めて出会う人にも「すごいことやっているじゃん」って思ってもらえるような渾身の1枚になっています。


――このアルバムを引っさげて12月から全国ツアーが始まりますね。

gari:東名阪には行ったことあるのですが、全国ワンマンツアーは初めて。まだ僕たちのことを知らない人も多いと思いますので、しっかり自分たちのことを知ってもらいたいです。

バジル:日常にはいろいろあるけれど「魔法少女になり隊」というフィルターを通して、「自分も主人公になれる! 輝ける場であって欲しい」というバンドコンセプトがあるので、ライブにいるときだけは、非日常を感じられるようなオアシスにしたいです。でもうちのファンはすごくエネルギッシュな人たちが多く、パワーにこちらも圧倒されちゃうんです。だから私たちも負けないように同じ熱量で迎えるように頑張ります。

明治:本当にすごい熱量なので、絶対満足して帰ってもらえるように、しっかり返していきたいです。

――どうしてそんなにパワフルなファンが多いと分析していますか?

ウイ:僕らが本気だからかも。全部を開放するというか、お客さんに対してすべてを出し尽くすので、それをお客さんも感じ取ってくれているのかもしれませんね。

バジル:ノージャンル系バンドとしてやっているから、いろいろなイベントやフェスに参加させていただく機会が多いのですが、基本アウェイなんです。でも最終的には受け入れてもらえることが多い。「KNOT FEST」に出させていただいたときも、メタル系の硬派なバンドが多かったのですが、私たちは「おジャ魔女カーニバル!!」のカバーを2曲目ぐらいにやったら、最初はお客さんも「ポカーン」って感じだったのですが、だんだん盛り上がってくれました。

明治:「俺らの音楽を聴け!」というバンドも格好いいと思いますが、うちらは、いろいろなところにフックを設けて、多くの人に楽しんでもらいたいという思いでライブをやっています。双方向でありたいです。

――バンドの音楽的ルーツは?

gari:基本的にウイさんが曲を作ってアレンジまで落とし込んでくれるので、僕らのルーツはウイさんのルーツに繋がるのかなと思います。

ウイ:僕はJ-POPと、バンドでは海外のポップパンクとかメタルとかが好きですね。メタルのなかでも、「テスタメント」とかスラッシュメタルを聴いていました。J-POPって、ユーロビートとかハウスとかいろいろな音楽要素が詰まっているんだなって最近感じていて、そういった部分も影響は受けています。ユーロビートとメタル、ポップパンクが融合している感じですかね。

――いよいよアルバム発売、全国ツアーも始まりますが意気込みを。

バジル:初めてのフルアルバムは、私たちが自信を持ってお届けできる渾身の1枚です。本当にいろいろな要素が詰まった曲がたくさん入っているので、きっと「いまの自分に合う曲」があると思います。アルバムを聴いて、ちょっとでも「いいな」と思ったら、ライブに足を運んでほしいです。「まだ知らぬ勇者たち」待っています!
(取材・文・写真:磯部正和)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top