コメディ初主演の山崎賢人を福田雄一監督が絶賛「向いてる」

「斉木楠雄のΨ難」完成披露試写会

「斉木楠雄のΨ難」完成披露試写会

映画『斉木楠雄のΨ難』の完成披露試写会が28日、都内の劇場で開催され、山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、福田雄一監督が舞台挨拶に登壇した。


シリーズ累計発行部数500万部を超える人気漫画を福田雄一監督が実写化する本作は、世界を滅ぼすことができる程のとんでもない超能力を持つ高校生・斉木楠雄が、年に一度の文化祭でワケありのクラスメートたちに囲まれ、Ψ難(災難)に巻き込まれていく様を描く学園エンタテインメント。

山崎賢人演じる主人公の斉木楠雄は、自身を取り巻く個性的な登場人物たちの言動に心の中でツッコミを入れつつ、クールな表情を崩さない。
そんなキャラクターだけに、山崎は「皆さんのボケに笑いを堪えるのが難しかった。結構笑っちゃって・・・」と撮影での苦労を回顧。すると、福田組常連の佐藤二朗が「笑っちゃったの?可愛いねえ」とニヤニヤしたり、ムロツヨシが「笑っちゃいけない役なのにね?」と茶々を入れ、すさかず福田監督が「そこの2人あんまり喋らないで!」と制止。2人は「じゃあなんでマイク持たせたんだよ!」と不服そうだった。

福田監督は、コメディ初主演となった山崎の演技について「本当に素敵でしたよ。コメディの実写は初めてだと思いますけど、向いてるなと思いました。これから何度もご一緒したい」と絶賛。「ま、今日はルパンみたいな格好ですけど」と赤いスーツ姿の山崎の衣装をいじって会場を笑わせた。

一方、中二病にどっぷり浸かり、“漆黒の翼”として“謎の組織(ダークリユニオン)”と戦っている設定の海藤瞬を演じた吉沢亮は、「最高でした。今まで役者やってきた人生で一番のはまり役だなと勝手に思ってます。超楽しかったです」と手応えを語る。福田監督は前回現場をともした映画『銀魂』では、そんなに楽しそうな姿は見なかったといい、「『銀魂』であんなに緊張してた吉沢亮が、この映画で羽ばたきましたよ」と中二病を演じきった吉沢を賞賛した。

見た目は真面目だが、実は暴走族の元総長の窪谷須亜蓮を演じた賀来賢人は「福田さんによく変な顔をやらされるんですけど、今回は初めて体に支障が出まして、目に力を入れすぎて、ものもらいができた」と告白して共演陣を驚かせた。福田監督から「だいぶ頑張ったもんね」と言葉をかけられると、「頑張りましたね。僕も『銀魂』のときあんまり弾けられなかったので」と話し、佐藤とムロから「出てねーだろ」とツッコまれていた。

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日(土)公開。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top