乃木坂46・齋藤飛鳥、単独初主演CMで毒舌炸裂 「どうせお前ら…」

齋藤飛鳥出演のスニッカーズ「毒舌アイドル」篇

乃木坂46齋藤飛鳥が出演する、チョコレート菓子「スニッカーズ」の新CM第7弾「毒舌アイドル」篇が本日10月2日よりTVオンエア。またWEB限定で30秒バージョンと撮影の舞台裏を紹介するメイキングムービーも公開された。


「ハラが減ってるキミは、いつものキミじゃない。」をキャッチフレーズに展開している「スニッカーズ」の第7弾となる新CMは、普通の男子大学生たちが携帯型ゲームをして盛り上がっている時、その中の一人がお腹が減るあまり齋藤飛鳥のような毒舌キャラに豹変してしまうというストーリー。
たまりかねた友達の1人が 「こいつ、ハラ減ると齋藤飛鳥みたいになるんだ。ほら、スニッカーズ」と差し出したスニッカーズを受け取り、一口かじると、元の男子大学生に戻るというもの。
人気絶頂の乃木坂46のメンバーであり、新シングルでは2度目のセンターを務めるなど大活躍中の齋藤飛鳥が、ライブやTVで時折見せる毒舌キャラとしてCM単独初主演。友人たちががその小悪魔的な毒舌を言われておののくシーンは必見だ。

撮影では、楽しい男同士のひとときに水を差す一言を発したあと、友達を見下すようなシーンでの小悪魔っぽい表情は、なんと一発OK。CM の趣旨を理解した上でのキャラづくりに、現場では「今のいいね〜!」と驚きの声が上がっていた。
一方、男子からスニッカーズを受け取り、パッケージを破って食べるシーンには何度もトライ。スニッカーズ のCMではお決まりのこの シーンだが、なかなか上手くパッケージを受け取れず、落としてしまったNGシーンでは思わず齋藤から笑みがこぼれる場面も。この様子はメイキングムービーに収められている。


■CM(15秒)
https://www.youtube.com/watch?v=DLSIOMdvOfI

■メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=4ps17BX9mSE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top