新垣結衣&瑛太が吉本新喜劇にサプライズ登場 関西弁でボケる!

新垣結衣&瑛太が吉本新喜劇にサプライズ出演

女優の新垣結衣と俳優の瑛太が4日、大阪・よしもと西梅田劇場で行われた吉本新喜劇にサプライズ出演した。


2人は同日、W主演を務めた映画『ミックス。』(10月21日公開)のキャンペーンで大阪と訪れ、“笑いの殿堂”と名高い吉本新喜劇を訪問。本番前に座長の酒井藍と池乃めだかのもとへ挨拶に行くと、酒井から「ゆいちゃん、えいちゃんって呼んでいい?」と前のめり気味に提案され、恐る恐る頷くも、「引いてます?」と即座にツッコまれるなど、気さくな座長のユーモアに、控室が開演前から笑いに包まれた。

新喜劇の舞台はもちろん初めての2人。「緊張します。」と固くなる新垣に瑛太が「でも、こんな機会はめったにないから楽しみましょう!」と激励して、いざステージへ。

本番では、旅館を舞台に酒井藍座長演じる仲居のありえない接客態度が、会場の笑いを誘う。その仲居が旅館の未来を案じる中で、温泉卓球を提案。設備を充実させるために「卓球に詳しい友達がいる」という流れで、新垣と瑛太が登場。新喜劇メンバーによって温まっていた会場は一瞬何が起きているのかと静まり返るも、すぐさま悲鳴に近い歓声に包まれた。

「卓球の実力を見せて」と酒井が新垣と瑛太に卓球ラケットを持ってくると、瑛太が「ボールがないですやん!」とカタコトの関西弁を披露して会場は爆笑。すかさず新垣が「ボールここにありますやん!」と関西弁で酒井の肩を叩くとさらなる笑いが巻き起こり、酒井がノリツッコミで鉄板ネタ「そうそう私が卓球のボールだけど、ラケットがこんな大きくないとね…て、私人間ですねん」と新垣の顔の目の前まで詰め寄り、またしても会場は爆笑に包まれた。

結局、旅館での卓球設備を整えるには父さんの許可をとらないと、と浅香あき恵演じる女将が言うと、登場したのが池乃めだか。舞台中心まで来るも、見えているはずのめだか師匠に新垣、瑛太含む登壇者全員、誰も気づかずウロウロ探す、という鉄板ネタが展開された。
最後は2人で「10月21日公開の『ミックス。』是非見てください!」と無事、映画の宣伝も果たして、舞台を降りた。

終了後、新垣は「一瞬でしたがとても楽しかったです。お客さんが喜んでくれて本当によかったなと思います」とコメント。瑛太は「つい舞い上がってしまって、台本に書かれていないアドリブ(関西弁)が出てしまい、それで笑いがとれてよかったです。その喜びを噛みしめています」と充実感をにじませた。

映画『ミックス。』は、『リーガルハイ』などを手掛けた脚本家・古沢良太の最新作。不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語を、W主演の新垣、瑛太に加え、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら豪華キャストで描く。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top