山本彩、世界的ピアニスト・辻井伸行と「ひといきつきながら」をセッション

山本彩と辻井伸行が「ひといきつきながら」をセッション

NMB48の山本彩が、“盲目のピアニスト”として知られる辻井伸行氏とセッションする日本たばこ産業(JT)の新CM「ひといきつきながら 出会い篇 山本彩×辻井伸行」が本日10月6日より放送開始される。


「あなたの人生が世界一の物語でありますように。」という想いを込めて作られてきたJTの企業CM「ひといきつきながら」シリーズ。これまでのCMでも山本彩の伸びやかで力強い歌声が好評を博してきた。

今回、その山本彩と世界的ピアニストの辻井伸行氏が初共演し、「ひといきつきながら」のセッションが実現。
山本が「ひといきつきながら」を歌い始め、続いて辻井氏の包み込むようなやさしいピアノが奏でられ、2人のセッションがはじまる。
途中には、楽曲に合わせて家族や職場仲間、学校の仲間など、新CMのテーマである「出会い」がもたらした幸せそうなシーンが映し出されていく。
山本がピアノを弾く辻井氏の方を向いて歌い続け、2人の紡ぎあげていく美しいハーモニーに、胸が熱くなるようなCMとなっている。

撮影では、山本が辻井氏に「よかったら簡単に練習をお願いしても良いですか?」と声をかけ、本番前に歌声とピアノの音色を合わせることで距離を縮めている場面が見られ、終始穏やかな雰囲気で行われた。
山本にとっては同曲をコラボレーションで歌うのは初めて。撮影後には「振り返ったら辻井さんがしっかりこっちを見て笑って下さっていたので、すごいほっとしました。」と感想を語った。

■「ひといきつきながら 出会い篇 山本彩×辻井伸行」CMカット

■撮影オフショット


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top