広瀬すずらの制服姿に歓声 女子高生の恋の悩みに回答

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』恋愛応援スペシャル試写会イベント

イベントに出席した健太郎、広瀬すず、竜星涼、森川葵(左から)

女優の広瀬すずが9日、都内で行われた映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)の試写会イベントに登場。女子中高生たちの恋の悩みに答えた


本作は、累計発行部数570万部突破の河原和音による人気漫画「先生!」を原作とし、恋愛映画に5年ぶりの出演を果たす生田斗真と広瀬すずの初共演で実写化。ぶっきらぼうだが生徒思いの教師・伊藤(生田)と、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする純粋でまっすぐな高校生・響(広瀬)の純愛ラブストーリー。

この日のイベントは「恋愛応援スペシャル試写会イベント」と題し、恋する女子中高生ら160人を招待して開催。
ヒロインの響を演じた広瀬すずのほか、響の親友・浩介を演じた竜星涼、浩介とともに響の親友である千草を演じた森川葵、響に密かに想いを寄せる藤岡を演じた健太郎と、本作で高校生を演じたキャストが劇中で着用した制服姿で集結し、同じく制服姿で集まった女子中高生たちから割れんばかりの歓声を浴びた。

今年の春高校を卒業した広瀬は、久しぶりに制服を着て「ドキドキしています」と、やや照れた様子。大興奮の女子中高生を前に、「私こんなに元気だったかな?」と自身の高校時代を思い返しながら、「いいですね、女子高生って。元気もらえます」と笑顔を見せた。

イベントでは会場の中高生から寄せられた恋愛相談にキャストが答えるという企画を実施。
最初は、相手と仲が良いからこそなかなか気持ちを伝えられないという高校3年生の女の子からの相談。本作の響のように「『好きになってもいい?』と聞くのはありだと思いますか?」との質問に、広瀬は「ありだと思う」と力強く答え、「(相手との距離が)近いからこそ言えることな気もする」と話す。森川も「むしろ、それを聞かないと、その先に発展していかない気もする」と背中を押した。相談者が「頑張ってみようと思います」と決意を固めると、広瀬が「頑張れ!」とガッツポーズでエールを送った。

映画のストーリーさながら、今まさに先生に恋しているという高校2年生の相談には、広瀬が「後悔したくないなら、卒業してから告白するのはありだと思う」とアドバイス。
竜星も「後悔しないというのは大事」と広瀬に同調し、「相手にそれを伝えれば相手の気持ちにも思い出が残る」と話した後、「大人みたいなこと言っちゃった」と得意げな表情。森川から「実際大人じゃん」とツッコまれ、会場が笑いに包まれた。

また、健太郎は劇中の印象的なセリフの1つである「俺じゃダメ?」というセリフを自分に向けて言ってほしいというリクエストに応えて、3人の女子高生に1人ずつ名前を呼びながら「俺じゃダメかな?」と優しく語りかけ、その度に会場から大きな悲鳴があがっていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top