土屋太鳳、高橋一生、欅坂46ら受賞「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」

「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」受賞者

“今メガネの最も似合う各界の著名人”に贈られる「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」の表彰式が11日、東京ビッグサイトで開催され、女優の土屋太鳳、俳優の高橋一生、アイドルグループ・欅坂46らが受賞した。

芸能界部門(女性)で受賞の土屋は、賞状とトロフィー、副賞のメガネを受け取ると、「本日は素敵な賞をいただき、本当にありがとうございます。こんな華やかな場に立つことができて嬉しく思います」と受賞を喜んだ。
「主にプライベートでメガネを愛して参りました。高校に入学した時からメガネは心強い相棒です」とメガネ愛を語り、「本当の意味でメガネが似合うためには、メガネに負けない人としての魅力が大切なのかなと感じておりますので、これからは公私共にメガネを愛し、メガネに愛される女性となれるよう精進して参りたいと思います」と真摯に語った。

また、「今後、メガネをかけて活躍してほしい人」に贈られる特別賞に選出された欅坂46は、本賞のために選抜された「欅坂46メガネ選抜」として小林由依、菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、長濱ねるの5人が表彰式に出席。代表してトロフィーを受け取った菅井は「この度はこんなに素敵な賞をいただき、本当に光栄です。どうもありがとうございます」と挨拶。中学2年生の時に教室の一番後ろの席で黒板が見えなくなったことがメガネをかけるきっかけだったと明かし、「メガネをかけるとスイッチが入って、勉強が捗るようになりました」と当時を回顧。「今では家でかけることがほとんどなんですけど、これからはファッションの1つとしてもメガネをかけさせていただけたら」と語った。
最後には「ちなみに、私たち欅坂46の新曲の『風に吹かれても』のMVでセンターの平手友梨奈がスーツでメガネをかけています。よろしければ見てみてください」と、10月25日発売のニューシングルをしっかりPRした。

「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」はほかに、政界部門で世耕弘成経済産業大臣、経済界部門で伊藤忠商事の岡藤正広代表取締役社長、文化界部門で宮藤官九郎、スポーツ界部門で女子レスリングの吉田沙保里選手、サングラス部門でモデルの森星が受賞し、この日の表彰式に出席した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top