欅坂46の公式ゲーム「欅のキセキ」がリリース 一番上手いメンバーは?

「欅のキセキ」アプリリリース&新CM発表会に登場した欅坂46

欅坂46が19日、都内で行われた公式ゲームアプリ「欅のキセキ」のリリース&新CM発表会に出席した。


10月18日にリリースされた欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」は、グループが歩んだ成長の軌跡と、メンバーが努力し続けることで起こした奇跡をたどるドキュメンタリーライブパズルゲーム。
10月25日より同アプリの新CMとして、ドキュメンタリーバージョンの「私たちは進んでいく」編、「みんなに出会えて良かった」編、パズルゲームバージョンの「遊んでみた」編の3種が放送される。

ドキュメンタリーバージョンのCM2種はそれぞれ、3rdシングル「二人セゾン」、4thシングル「不協和音」のMVを撮影した、メンバーにとっても思い入れ深い場所で撮影され、「みんなに出会えて良かった」編に登場する長濱ねるは、「いろんなことを思い出しながら歩いたらすごく感慨深い気持ちになって、あっという間の日々だったなと思いました」と撮影時の心境を吐露。「私たちは進んでいく」編に出演している渡辺梨加は、「私たちの歴史も振り返りながら見て欲しい」とアピールした。

一方、パズルゲームバージョンのCMは、メンバー同士で和気あいあいとゲームを実際にプレイしている様子を描いたもの。守屋茜は「普段の楽屋の雰囲気と本当に似てて、撮影ということを忘れるくらい夢中になって遊んでました」と撮影を振り返った。実際の楽屋では、よく長濱ねるとトランプをして過ごしているそうだが、「でも昨日『欅のキセキ』がリリースされたので、もうトランプブームは去って、きっと“ケヤキセ”がブームになります」とニヤリ。メンバーも昨日から早速ゲームをプレイしているそうで、「メンバーの中で上手いのは?」という質問には土生瑞穂の名前があがり、石森虹花は「ゲームが得意なので、指さばきが素晴らしい」と舌を巻いていた。

この日、メンバーはCM放映開始と同日の10月25日リリースとなるニューシングル「風に吹かれても」の制服で登場。
衣装の感想を聞かれると、口を揃えて「可愛い」とすっかりお気に入りの様子で、石森は「今までの制服とはスカートが形が一番違って、今回はフリルになっています。色もクリスマスに近くて、すごく女の子らしい」とポイントを紹介。
菅井友香は「ベルトの部分がオシャレで、今まではローファーだったのに今回初めてブーツだったり、可愛さの中にカッコよさもある」とアピールし、守屋はこれまでゴールドだったエムブレムのラインがシルバーになっていると、細部にまでこだわって作られていることを明かした。

同シングルではこの日登壇した石森、土生、尾関梨香が初めて1列目の立ち位置に選出されている。
尾関は「今までは不安になると逃げてしまいがちな自分がいたんですけど、今回フロントになったと同時に自分と戦わないといけない場面がたくさん増えてきて、改めて頑張らないとなと気が引き締まりました」と奮起。
土生は「今までずっと長かった髪をバッサリ切って、見た目はちょっと大人っぽくなったんじゃないかなと思うんですけど、内面がまだ子どもなので、このフロントという位置をいただいて、まだ殻に閉じこもっている自分を出していけたら」と今作への抱負を掲げ、同じく髪を15センチ切ったという石森は「この2年間で一番見た目が変化したんじゃないかと思う」と話し、「仕事やいろんなことに取り組む気持ちがちょっと成長したんじゃないかなと思う」と内面的にも変化を感じていることを明かした。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top