瑛太、叩かれてもブレない“ガッキー愛”つらぬく

映画『ミックス。』初日舞台挨拶

映画『ミックス。』初日舞台挨拶

女優の新垣結衣と俳優の瑛太が21日、W主演を務める映画『ミックス。』の初日舞台挨拶に登壇した。


映画は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生を描いたロマンティックコメディー。

初日に向けて本作のプロモーション活動で忙しい日々を送ってきた新垣だが、「試写会やイベントもたくさんやらせていただいて、実際に感想を聞くことができたり、そういう機会がとても多かったのが嬉しかったです」と笑顔。MCから、先日行われたイベントで石川佳純選手から劇中のフォームを褒められたことに触れられると、「映画ですからね」と照れ笑いを浮かべた。

一方、新垣と卓球のペアを組む元プロボクサーの萩原久を演じた瑛太は言葉少なで、「僕、何か言うと全部悪く書かれるんですよ。今回の宣伝」と不満顔。「ガッキーのこと好きですって言ったら叩かれるし、大好きですって言っても叩かれる」と、本作の完成披露イベントで新垣に向かって「好きです」と発言したことに想定外の反響があったことを嘆いた。
「もうマスコミ嫌い。大っ嫌いです。俺、普通に仕事しているだけですよ。正直に答えてるだけで、全部叩かれる」と、へそを曲げる瑛太に、すかさず新垣が「マスコミの皆さん、宣伝ありがとうございます!」とフォローを入れて、劇中でのダブルスペアさながらの絶妙なコンビぶりを見せた。

しかし瑛太はその後も「感動シーンを挙げるなら?」という質問に「僕ですね」とキッパリ。注目してもらいたいポイントは「ガッキーのこと好きな気持ちですね」とブレない“ガッキー愛”をアピールして会場を沸かせた。
舞台挨拶の最後には「ガッキーと仕事をするとこんだけ叩かれるんだなと実感しました」と、新垣との初共演で“ガッキー人気”を胸に刻んだようだった。

舞台挨拶にはそのほか、広末涼子、永野芽郁、佐野勇人、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が登壇。
最後には直径30センチのピンポン玉型ケーキが登場し、新垣が瑛太にラケット型クッキーでケーキをすくって食べさせる“ファーストバイト”も行われた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top