吉岡里帆、愛してやまない“ネコ様”への思いを語る&ハプニングにもキュートな対応

『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き』初日舞台挨拶

女優の吉岡里帆が21日、都内の劇場で行われた『劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち』の初日舞台挨拶に登壇した。


動物写真家の岩合光昭氏が世界中のネコをネコ目線で撮影し、岩合氏自身がネコに話しかける様子等が毎回紹介されるNHK BSプレミアムの人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』。本作はその劇場版で、吉岡は本編ナレーションを担当した。

「一番多い時で15匹飼っていた」というほどネコ好きの吉岡は、「岩合さんの撮られるネコちゃんというのはとても生き生きしていて、躍動感があって、そこに声をのせるのはすごく光栄なこと。どれだけ自分がネコ様に近づいていけるかなと、とてもやり甲斐のある、素敵な仕事でした」と充実感をにじませる。
製作時には「普通のナレーションとは少し違って、ディレクターの方々と一緒に映像を無音でずっと見て、そこで感じた感動やネコちゃんに対する思いを一緒に言葉で書き出していく」という形がとられたそうで、「だから生の言葉なんですよね。きれいに整頓された言葉をナレーションで入れているというよりは、一緒に過ごしているような、そんなナレーションを入れさせていただける環境だったので、さすがだなと。『世界ネコ歩き』のスタッフさんに感動しました」と振り返った。

現在も5匹ほどのネコを飼っているという吉岡。ネコが外で喧嘩をして血だらけで帰ってくることがあるそうで、「私たちは『どうしたの?何があったの?』って心配するんだけど、表情を見ると全然へこたれてなくて、そんな堂々とした姿に、この子達はなんてタフな精神で生きているんだろうと思う。いろんな困難とか辛いこと、悲しいことが日常生活にあるけど、そういう風にありたいなと思う」と、ネコたちの力強く生きる姿から学ぶことがあると語った。

本作では番組ファンのあいだで人気の高い“コトラとその家族”を中心に、世界6ヵ国のネコたちの愛くるしい姿を紹介。
吉岡は「コトラから生まれたリッキーとハナちゃん、この2匹の兄弟愛にグッときた」と話し、「最後にリッキーが大人の顔になって、あの顔が男らしくてカッコいいんですよね。ちょっと渋い感じで素敵。役者ながらにちょっと嫉妬するような、そんな横顔でしたね」と、お気に入りのシーンを挙げた。
ネコに似ているところを聞かれた際には、「やっぱりすぐ寝ちゃうところですかね」と話して会場を和ませていた。

また、登壇時には階段でハイヒールが脱げてしまうハプニングがあったが、吉岡は靴を拾い上げると「すみません、一人シンデレラごっこしちゃって」とはにかんでみせ、可愛らしい振る舞いに会場が温かな笑いに包まれた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top