二宮和也・西島秀俊・宮崎あおいら、100年前の”幻のレシピ”に舌鼓

「幻のレシピ再現披露会」

映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』の劇中に登場する豪華絢爛な料理の数々を再現する「幻のレシピ再現披露会」が23日、東京・千代田区の帝国ホテルで行われ、主演の二宮和也をはじめ、西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督が出席した。


本作は田中経一の同名小説が原作。一度食べた味を完全再現できる、絶対味覚=“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が、70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島)が考案した幻のフルコース“大日本帝国食菜全席”の謎を追う物語。

イベントは、この“大日本帝国食菜全席”とよく似た境遇を持つレシピが、帝国ホテルに実在することから実現した。
帝国ホテル初代料理長を務めた後、明治天皇の料理番を務め、その後朝鮮へと渡った吉川兼吉が作成した“吉川兼吉レシピ”は、映画に登場する伝説のレシピさながら、約100年の眠りを経て吉川家から帝国ホテルへと原本が寄贈された。
二宮は「僕らが、ないものだと思って作り上げていった世界観が実際にあったというのは、驚きですよね」と、2人の料理人と2つのレシピの偶然の一致に目を丸くする。西島も「実はこれが元ネタであって映画を作ったんじゃないですよね?って聞いたくらい」と驚きを口にした。

イベントでは、そんな“吉川兼吉レシピ”を、帝国ホテル現総料理長の田中健一郎氏が再現。本作で出演者への調理指導や料理監修を務めた料理会の重鎮・服部幸應氏も加わり、試食することに。

1品目はメインディッシュの「ラング ド ブーフ ア ラ フラマンド」(牛舌肉煮込)。田中総料理長は「作り方も昔ながらの作り方で再現した。現代的な機械じゃなくて、当時の調理法で作らせていただきました」と述べ、盛り付けも忠実に再現したという。
ふた口ほど頬張った二宮は「不味いわけがないですよね。自分たちが食べてわかる味っていうのが、はるか昔にもうすでにあったことが一番驚きですね。食べていて時代差を感じない」とコメント。

2品目はロシア風の洋梨のデザート、「シャルロト ルッス ア ラ ポワール」。
二宮は「美味しいです。それに尽きる」と絶賛した後、「思ったより軽く感じました。もうちょっと重たいというか、ボリュームを感じるのかなと思ったんですけど、そんなことなく、すごく爽やかで軽い」と感想を述べ、田中総料理長に「二宮さんすごい、全部その通りなんです」と感心されると、ドヤ顔を見せて笑いを誘った。
田中総料理長は「あの時の吉川料理長の分量で作ると、クリームもうんと濃くなるし、砂糖ももっと多い。だからこれは若干甘さを軽めに作ってあります。100年前のレシピですと倍くらい甘いと思います」と、現代人の舌に合わせて調整していることを明かした。

現代に再現された幻のレシピを堪能した西島と宮崎も「100年前にこんなレシピがあったんですね」「もう『美味しい』以外出てこない」と、その味に感動した様子だった。

映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』は11月3日(金・祝)全国公開。

宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top