欅坂46が“次に着たい衣装”のデザインに挑戦

「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」開催記念イベント

欅坂46の佐藤詩織、菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐が24日、都内で行われた「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」開催記念イベントに出席。「次のシングルで着てみたい衣装のデザイン」にチャレンジした。


「絵が得意ではないんですけど、必死に考えた」という菅井は衣装の左半分に大きな欅の木をあしらった制服をデザイン。斬新なデザインにメンバーも驚きの表情を見せ、菅井本人も「描いてる時に、でもこれは私あんまり着たくないかもって思いました」と思わず本音をこぼして笑いを誘った。

同日より10月30日まで、東京・原宿の竹下通りDisplay Windowにて開催される「欅坂46 UNIFORM MUSEUM supported by XYLITOL20th」では、「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう!未来に向かって!-」の一環で衣装制作プロデュースに挑戦した欅坂46の佐藤詩織による衣装と同グループの歴代衣装が展示される。

イベントには、佐藤は自身がデザインしたオリジナルの衣装で、ほかの5人はそれぞれ初めてフロントを経験したシングルの衣装を着用して登場。
10月25日に発売される最新シングル「風に吹かれても」の衣装を着た土生は「今までスカートだったんですけど、今回ガラッと変わってスーツを着させていただいて、すごい新鮮」とブラックのパンツスーツを着た心境を話す。さらに、「実はここに隠れ欅が…」と袖の部分に三角形の欅坂46のマークが入っていることを明かし、「衣装さんも考えてくださったんだなと、感謝してます」と語った。

3rdシングル「二人セゾン」の衣装を着た守屋は「(スカートの)プリーツもかわいくて、みんなで回転した時のスカートの広がりが全員均一ですごく綺麗な衣装です」とポイントを紹介し、リクエストに応えて一回転。
4thシングル「不協和音」の衣装を着た菅井は「前作の衣装と違って襟がなかったり、ウエストが締まって見えるのがお気に入り」とコメント。以前、テレビ番組で肩のエポレットにリップクリームを忍ばせていることが明らかになったが、この日もMCから「今日はリップ入ってない?」とイジられ、「今日はないです」と照れ笑いを浮かべていた。

「キシリトール ガム」発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう!未来に向かって!-」では、欅坂46佐藤詩織のほか、女優の土屋太鳳、小松菜奈、フィギュアスケーターの浅田真央、羽生結弦ら、これからの未来を担う20代のプロジェクトリーダーたちが新しい未来をつくる様々なチャレンジを行う。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!