中条あやみは甘えん坊?志尊淳はエネルギッシュなド根性? 筆跡から恋愛タイプを診断

映画「覆面系ノイズ」完成披露試写会

「覆面系ノイズ」完成披露試写会

映画『覆面系ノイズ』の完成披露試写会が24日、都内の劇場で行われ、主演の中条あやみをはじめ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、三木康一郎監督が舞台挨拶を行った。


舞台挨拶では、キャストが「漢字一文字で本作の魅力を表現する」という企画のために書いた文字を使って、彼らの恋愛タイプを暴く「筆跡診断」をサプライズで実施。
左上に小さく、鼓動の「鼓」の文字を書き、共演者から「ちっちゃ!」とツッコミを受けていた中条は「甘えん坊タイプ」と診断。「自らすすんで愛を注ぐというよりも、受け身的で愛されるほうが好き。甘え上手で周りからも自然に支えられながら、恋は成就する」との結果を受けて、本人は「え〜、そんなことないです」と否定。
しかし、共演した志尊が「甘え上手だとは思います。でも甘えん坊というか、いたずらっ子。天真爛漫です」と撮影現場での様子を踏まえて印象を語ると、中条も「小学校5年生の男子ってよく言われる」と、いたずらっ子は自覚している様子。
磯村は「いたずらをする前って、すごいやんちゃな顔をするんですよ。その辺がすごく愛される感じがする」と証言した。

「響」と書いた小関は「アバンチュール恋愛型タイプ」。「危険な恋にも怖気づかず、受け入れることができる。常に平凡では満足できない。結果、いい方向に実らせる心の受け皿の大きさもある」という診断に、「危険は好きかもしれないですね」と納得。「旅が好きなので、ちょっと通じるものがあるかも」と自己分析していた。
志尊淳は「エネルギッシュなド根性タイプ」で、「積極的で、豊かな表現力と真面目さで好きな人を射止めたら、最後まで責任を持って守り抜くタイプ」との診断結果。共演者から「一番いいじゃん!」との声があがると、「たぶんこれ合ってると思いますね」と得意げな表情を浮かべて笑いを誘った。

映画は、「花とゆめ」で連載中の同名恋愛漫画を、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督が実写化。登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届ける、切なくもキュンとする片恋ラブストーリー。

映画を彩る音楽も作品の大きな魅力のひとつで、中条が本編で披露する歌にも注目が集まっている。
約半年ほどボイストレーニングに通い、感情豊かな歌声の持ち主・ニノを演じた中条は「やっぱり声はすごく重要になってくると思っていたので、ボイストレーニングは本当に一生懸命頑張って、MAN WITH A MISSIONさん含めいろんな方に素敵な曲を書いてもらえたので、見たら必ず感動する音楽になっていると思います。頑張りました」と自信をのぞかせた。

映画『覆面系ノイズ』は11月25日(土)公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top