第30回東京国際映画祭が開幕 橋本環奈がレッドカーペットに登場 <第30回東京国際映画祭オープニング>

橋本環奈と久松猛朗フェスティバル・ディレクター

第30回東京国際映画祭(TIFF)が25日に開幕し、東京・六本木で行われたレッドカーペットの最初のゲストとして女優の橋本環奈が登場した。


今年の邦画興行収入ナンバーワン映画の『銀魂』でヒロインの神楽役を演じ、同じくヒロインを演じる『斉木楠雄のΨ難』が公開を間近に控える橋本は、同映画祭が「映画の未来の開拓」をビジョンの1つとして掲げていることから、若い世代に映画の魅力を伝えていく大使として、「第30回東京国際映画祭アンバサダー」に就任。

ブラックのドレスをまとって登場すると、ステージ上で「30回という節目の東京国際映画祭アンバサダーを務めさせていただきます、橋本環奈です」と挨拶した後、久松猛朗フェスティバル・ディレクターにエスコートされて、六本木ヒルズアリーナに敷かれたレッドカーペットを歩いた。

第30回東京国際映画祭は、本日10月25日(水)から11月3日(金・祝)までの10日間、六本木ヒルズおよびEXシアター六本木をメイン会場に開催。計231作品が上映されるほか、世界中から訪れる様々なゲストによるQ&Aやトークショーなどのイベントが多数開催される。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top