「童顔でよかった」高畑充希、山崎組初参加に喜び 堺雅人と新婚夫婦役初共演

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見

「DESTINY 鎌倉ものがたり」完成披露会見

『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』とヒット作を生み出してきた山崎貴監督の最新作となる『DESTINY 鎌倉ものがたり』の完成披露会見が7日、都内で行われ、主演の堺雅人、ヒロインを演じた高畑充希らが出席した。


映画は「三丁目の夕日」の西岸良平氏による小説「鎌倉ものがたり」が原作のファンタジー作品。古都・鎌倉を舞台に、妖怪や幽霊といった“人ならざるもの”とともに暮らす新婚夫婦がその絆を再確認していく物語。

堺演じるミステリー作家・一色正和の年の離れた妻・亜紀子役で山崎組初参加となった高畑は「山崎さんの作品を何本も映画館で見ていたので、めちゃくちゃ超大作を撮る監督というイメージがあって、なので呼んでもらえる日が来るとはちょっと想像していなかった」とオファーを受けた際の驚きを吐露。台本と原作を読んでみると「『小学生に見間違えられる若い妻』って書いてあって、『あ、だからか』って思った」と納得したそうで、「自分の童顔がコンプレックスの時もあるんですけど、今回は童顔でよかったと思いました」と笑みを浮かべた。

高畑の言葉を受けて山崎監督は「童顔といったら高畑さん」と冗談めかしながら、「この役は幼い姿から、すごく母性を見せるところまで幅広くできなきゃいけないので、高畑さんの幅広い演技というかスキルに助けられた。なので童顔だけで選んだわけじゃない」とフォロー。高畑は「ちょっとホッとしました」と笑顔を見せていた。

主演の堺と高畑は同じ時期にNHKの大河ドラマ『真田丸』と朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演。度々、廊下で会っては挨拶を交わしていたそうで、本作での初共演が決まった際も、堺が高畑に「今度一緒だね!嬉しいよ!」と声をかけたという。高畑は「キャスト表を見た時に大先輩ばかりだったので肩に力が入っていたんですけど、堺さんがそうやってフランクに言ってくださったので、とってもホッとした記憶があります」と感謝。

そんな妻役の高畑と「一緒に息を合わせて」取り組んだという堺は、「亜紀子の生き生きとしたパワーに引っ張られるように物語が進んでいくので、亜紀子の可愛らしさが大きな見どころの1つ」と熱弁。
完成した作品を高畑、堺、堤真一と並んで座って観た際には「途中で高畑さんの手を握りたくなった」といい、「妻役が隣で映画を観ていると思うと嬉しくなった。堤さんがいなかったら握っていたかもしれない」と我慢したことを明かすと、高畑は「握ってくれたらよかったのに」と笑いを誘っていた。

会見にはほかに堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、山崎貴監督も出席。
映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、12月9日(土)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top