岡田将生、“クズ男”望んで演じるも…木村文乃&佐々木希ら女優陣からの集中砲火に苦笑

「伊藤くん A to E」完成披露試写会

「伊藤くん A to E」完成披露試写会

映画『伊藤くん A to E』の完成披露試写会が21日、都内で行われ、W主演を務めた岡田将生と木村文乃をはじめ、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、そして廣木隆一監督が出席した。


映画は、柚木麻子の同名小説が原作。容姿端麗だが自意識過剰でクズの伊藤誠二郎が、それぞれに魅力的なA〜Eの5人の女性を振り回す様を描く。

「今までとちょっと違う役をやりたかった」という岡田は、演じた“伊藤くん”について、「皆さんが思っている以上にモンスターというか、痛男というか、観た人はだいたい嫌いになるような役」とし、「こういう役を望んでいたので、すごいいいタイミングで、『ラッキー』と思っていたんですけど、思った以上にやばい奴でしたね」と岡田将生史上最もクズな男役を振り返る。

その“伊藤くん”に振り回される女性を演じた感想を聞かれた女優陣。最初に佐々木が「振り回されて、すごい嫌な気持ちになりました」と正直に明かして会場の笑いを誘うと、池田も「関わりたくないですね」とバッサリ。夏帆も「傷つきました、すごく」と続き、木村は隣の岡田を見やると、「『この野郎』って思ってたよ」とニヤリ。演じた岡田はただただ、うつむいて苦笑い。「皆さん、カメラテストが終わってカットがかかると、すごいちっちゃい声で『気持ち悪い』って言うんですよ」と、女優陣の言葉に心が折れそうになっていたという。「でも伊藤くんだから、俺じゃないし、と思って一生懸命役をまっとうしていました」と撮影を振り返った。

イベントの後半では、女性たちが“痛男”伊藤に振り回され、痛い目に遭わされていく本作の内容にかけて、登壇キャストが「痛かった話」「無様だったこと」を発表することに。

志田は「野球を観に行ったんですけど、回と回の間に(スタンドに向かって)ボールを投げてくれるんですよね。それがすごく欲しくて、頑張って手を伸ばしていたんですけど、後ろの小さい男の子が取れて、『いいな、いいな』って言ってたら、全然知らない子なのに『お姉ちゃんにあげるよって』って言ってくれて。周りの大人からちょっと冷たい目で見られて、すごい痛い大人だなと思いながら、今ちゃんと飾ってあります」と、しっかり受け取ったことをはにかみながら告白。

岡田は「休みの日に車を運転していて、細い道を走っていたら、小学生10人くらいに囲まれた」というエピソードを披露。「なんかお兄ちゃん知ってるから、出てきて!出てきて!」「ちょっと待って、通らせて」「やだやだ!名前なんだっけ!名前なんだっけ!」というやり取りが続いたそうで、「ずっと下向いてました。すごく無様で、(小声で)『岡田将生です』って言いました」と恥ずかしそうに明かしていた。

『伊藤くん A to E』は、2018年1月12日(金)全国公開。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top