稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が3ショットで登場 “今年最も輝いた男性”に

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」受賞者

元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が、今年最も輝いた男性に贈られる「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の「インスピレーション・オブ・ザ・イヤー」を受賞。22日、都内で行われた授賞式に出席した。


「このような素敵な、名誉ある賞をありがとうございます」と壇上で喜びを伝えた稲垣。「今年、『新しい地図』というコミュニティを、僕と香取慎吾くんと草なぎ剛くんでスタートさせていただきました。情熱はいっぱいなんですが、まだこれといって功績を残しているわけではないのに、このような素晴らしい賞をいただけて大変恐縮に思っております」とし、「これからもこのMEN OF THE YEARという顔に恥じぬよう、1人のエンターテイナーとして前進し続けたいと思います」と力を込めた。

香取は「この賞をもらうためにここまでやってきました」と笑いをとりつつ「これが終着点にならないようにこれからも頑張りたいと思います」とさらなる飛躍を誓い、草なぎは「人生っていうのはもちろん転ぶこともあるんですけど、もしかしたら転んでもいいものをもらえることもあるんだなという気持ちです。またこれを機に、新しいものを生み出す気持ちで、力を持って前に進んでいきたい」と受賞を喜んだ。

今月上旬、これまで利用していなかったSNSをスタートさせたことも大きな話題となった3人。稲垣は「楽しくてしょうがない。本当に楽しくて、こんなにも世界中の皆さんと繋がり合うことができるんだなって、今すごく新鮮な気持ち」と目を輝かせ、「(SNSを)活用しながらも、今までやってきたアナログなことも大切にしながら、さらに前進していけたら」と語る。
一方で、「背筋が伸びる瞬間は?」との質問に「「SNSをやっているとしょっちゅう背筋が伸びる思い」をしていると答え、「本当にこれ投稿して大丈夫かな?って、『投稿』って押す瞬間、けっこう緊張します。一度、位置情報を出しちゃったことがありまして、ファンの方にお叱りをいただいて・・・何度も下書きをチェックしてから投稿するように気をつけています」と先日、うっかり位置情報を含めた投稿をツイートをしてしまい、騒ぎとなったことを反省している様子だった。

2018年春公開に向けて、3人が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』の製作が発表されており、来年の抱負を聞かれた草なぎは「『クソ野郎と美しき世界』という映画が目の前にあるので、それに全力投球しつつ、3人の、そして“NAKAMA”が集う『新しい地図』というコミュニティプロジェクトがあるので、“NAKAMA”の人たちと新しい作品をたくさん作っていきたいです」と意気込み。稲垣も「撮影を楽しみに待っている」と同作に期待を込めた。
香取は「草なぎ剛が(SNSで)大きなミスで炎上しないように見張り続けたい」と会場を笑わせた。

同賞は生き方、仕事、スタイルにおいて、「GQ JAPAN」読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られるもの。
今年は稲垣、香取、草なぎのほか、俳優の斎藤工、長谷川博己、RADWIMPSの野田洋次郎らが受賞した。

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」

■インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞
稲垣吾郎(アーティスト)
香取慎吾(アーティスト)
草なぎ剛(アーティスト)
■アウトスタンディング・アチーブメント賞
斎藤工(俳優/Filmmaker/モノクロ写真家)
■ブーム・オブ・ザ・イヤー賞
佐藤天彦(棋士)
■ベスト・スポーツマン・オブ・ザ・イヤー賞
佐藤琢磨(レーシングドライバー)
■ミレニアル・インスピレーション賞
野田洋次郎(RADWIMPS/illion)
■アクター・オブ・ザ・イヤー賞
長谷川博己(俳優)
■ベスト・コメディアン賞
ロバート秋山(芸人)

■公式サイト:https://gqjapan.jp/moty/2017/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top