菅田将暉、板尾創路監督の演出に感動「号泣しました」

「火花」初日舞台挨拶

「火花」初日舞台挨拶

又吉直樹の芥川賞受賞作を板尾創路が実写化した映画『火花』が23日に公開初日を迎え、都内の劇場で行われた舞台挨拶に、出演の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、メガホンをとった板尾創路監督、原作者の又吉直樹が登壇した。


漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永を演じた菅田は、「どのような作品になったか」と聞かれると、「大好きな芸人の方々がいて、現場も楽しく和気あいあいとして、ハッピーな意味でもメモリアルな日々だった」とし、「徳永としての日々っていうのは忘れちゃいかんなというようか、忘れたくないような時間を過ごせた」と振り返った。
続いて同じ質問を受けた桐谷が「やっぱり・・・ハッピーなメモリアル・・・」とつぶやくと、菅田は「俺、そんなダサい言葉使った!?」と驚いた様子。桐谷が「今度、歌詞に使おうかな」と悪ノリすると、「絶対売れないからやめといたほうがいい」と苦笑していた。

漫才師を演じるにあたり、「僕は俳優なので、漫才をするということになんとか勇気を持とうと、どうしたらいいんやって毎日考えていたんですけど、板尾さんが『全ての芸人を代表するつもりでやってこい』とだけ言ってくれた」と板尾監督が背中を押してくれたことを明かした菅田。
コンビの最後の漫才シーンでは、“自分の思っていることと逆のことを言う”という漫才の場面で「もし、アドリブを入れるなら」と板尾監督から提案された言葉にグッときたといい、「『(相方の)山下がもし泣いてたら、「お前なにわろてんねん」ってツッコんであげて』って言われて、号泣しました。監督ってただ指示を出すだけじゃないんだなって。」と話した後、「すごいメモリアルです」と“天丼”で会場を笑わせた。

また、公開日の11月23日、“いい兄さん”にかけて、菅田にとっての“いい兄さん”を問われると、「桐谷さんよりもう少し下の年齢の小栗(旬)さんとか、山田孝之さんとか、あの辺の方々が兄さんな感じ」だと話し、「今、生田斗真くんと舞台やってるので、(生田と)同じ世代の方がいっぱい見に来るんですよ。そういう日は気合い入りますね。それこそ兄さん方に見られてると思うと緊張します」と語っていた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top