GLAY、六本木ヒルズ29階から世界へ歌声 ファンには嬉しいハプニングも

YouTube Music Night with GLAY “WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~”

「YouTube Music Night」に出演したGLAYのTERUとTAKURO

11月22日に55枚目のシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」を発売したGLAYのTERU(Vo)とTAKURO(Gt)が同日、東京・六本木ヒルズのYouTube Space Tokyoで開催された「YouTube Music Night」に出演。アコースティックセットでライブを行った。


イベントには、GLAY渾身のラブバラード集となった今作にちなみ、カップル50組100名が招待され、さらにYouTubeを通じてイベントの模様が全世界へ配信された。
はじめに1人で姿を現したTAKUROは、東京の夜景を見下ろす六本木ヒルズ29階という絶好のロケーションに「心なしか皆さんもちょっとオシャレ」と観客をいじって和ませてから、「小学校時代からの親友・TERUさんが私にチャンスをくれました」と、ソロアルバム「Journey without a map」から「Guess Who」をピアノとのセッションで披露した。

TAKUROがストリングスのカルテットを呼び込んだ後、最後にTERUが登場。会場を見渡したTERUは「本当にカップルですか?こんなにいるんですね」とカップル限定の会場が新鮮な様子。TAKUROから「GLAYファンがみんな、お一人様ではないです」とツッコまれていた。
「そんなにトーク上手じゃないんだから、とっとと歌にいこう」というTAKUROだったが、「ちょっと喉を潤していいですか」「ちょっと(イヤモニの)音がでかいかも」とマイペースなTERUに、「裏でやってきなよ(笑)」「さっきのリハーサルはなんだったんだ」と苦笑い。会場をゆるい空気に包みながらも、今年7月にリリースした最新アルバム「SUMMERDELICS」のリードトラック「the other end of the globe」を歌いはじめると、楽曲の世界観に観客をぐっと引き込んでいった。
続いて「僕らにとって大切な曲」と紹介して往年の名曲「HOWEVER」へ。印象的なピアノのイントロがはじまると、会場は思わず息を呑んだ。

現在アリーナツアー中のGLAY。TERUは「すごく状態が良くて、みんな楽しめていていいですね」と充実感をにじませる。
TAKUROは家族をライブに誘った際、あまり乗り気ではなかった子どもが「今日なんかHIKAKINくんが来るらしい」と人気YouTuberのHIKAKINの名前を出した途端に「行く!」と即答したエピソードを明かし、「GLAYなめられてる」と肩を落としていた。

1998年リリースの「pure soul」をはさみ、最後に「あなたといきてゆく」を披露。TERUは「今自分たちが皆さんにどう愛情を伝えていくかという課題の中で、対相手ではなくて、周りにいる家族、そしてこれから生まれてくるであろう子どもたちに愛情の歌を残したい。幅広く愛される曲になってほしい」と楽曲に込めた想いを伝えた。
ところが曲の途中、TERUが歌詞を間違えてしまい、歌い終えると同時に「もう1回やっていいすか?」と歌い直しを希望。TAKUROは「最初にTERUが俺にチャンスをくれたように、TERUにチャンスを」と観客に呼びかけ、観客はもちろん大歓迎。TERUは歌いながら意識の半分がギターに持っていかれてしまったことを悔み、「ギターはTAKUROに任せます」と抱えていたアコースティックギターを置いて仕切り直し。ボーカルに専念して「心を込めて、今聞いてくれている世界中の皆さんへ、たっぷりの愛情で届けたいと思います」と、大きな愛を歌った同楽曲を再び熱唱。ファンにとってはたまらないハプニングとなった。

ライブを終え、ストリングス隊とピアニストを見送った後、「1度でいいから送り出されたい」というTAKUROの希望で、TERUが「僕の小学校時代からの大親友、クボ・タクロー!」とフルネームで送り出し。さらに、「またライブでお会いしましょう。今日のお相手は小橋照彦でした!」と自身もフルネームで名乗って、笑いと温かい拍手の中でステージを後にした。

(写真提供:YouTube)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top