中条あやみと小関裕太は似た者同士? 共演者が無邪気な一面を明かす

映画「覆面系ノイズ」初日舞台挨拶

映画「覆面系ノイズ」初日舞台挨拶

映画『覆面系ノイズ』が25日に公開初日を迎え、出演の中条あやみ、志尊淳、小関裕太、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮、そして三木康一郎監督が都内の劇場で初日舞台挨拶に立った。


主演を務めた中条は「今日を迎えて、きっと卒業式の日のお母さんってこんな気分なんだろうな」と作品を世に送り出す心境を吐露。満員の初日に「こんなにたくさんの人に見ていただけて嬉しいです」と笑顔を見せた。

キャストが共演者へ「今だから言える本音」を伝えるコーナーで、真野は「クールでちょっとミステリアスなイメージ」だったという小関が、この日の控室に貼られた舞台挨拶の立ち位置表で杉野と真野の名前が並んでいるのを見つけてはしゃぐ姿に驚いたと語る。「『野と野だ!』って言って喜んでるのを見て、こういう一面もあるんだ!って」。
その小関とは15歳の頃からの旧知の仲という志尊は「僕はむしろ裕太はミステリアスとかクールなイメージはまったくないですね。逆にはっちゃけてる感じ」と仲の良さを伺わせる。
中条は自分と小関に似ているところがあるといい、「私も実は名前の並びを見て、三木さんの木と磯村くんの(村の字の)木が並んでるから、『あ、木だ』って思ってた」と告白し、周囲が「そこ!?」と驚くなか、小関とハイタッチを交わしていた。

また、志尊は撮影の合間の磯村について、「よく面白いことを言ってくれたんですけど、10回に8回はすべってました」と暴露。「磯村くんがふざけたことを言って、すべり芸をやって、すべった空気に僕らが笑う」という現場でのやり取りを明かすと、MCから振られた磯村がその場で“すべり芸”を披露。撮影現場の雰囲気が会場に再現されると、志尊は「俺は大好き。これをメンタル強めでずっとやってくれていて、それが現場の空気になったので、すべってましたけど、磯村さんがムードメーカーでした」とフォローしながら、感謝の気持ちを伝えた。

舞台挨拶の最後には登壇者全員でヒット祈願の鏡開きも行われた。

映画は、「花とゆめ」で連載中の同名恋愛漫画を、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎監督が実写化。奇跡の歌声をもつ女の子・ニノ(中条)が、幼いころに浜辺で出会った作曲をする男の子・ユズ(志尊)、いつも一緒に歌っていた初恋の相手・モモ(小関)と再会を果たしたことから始まる、登場人物全員が伝えられない想いを抱く、切ない“片恋”ラブストーリー。本日11月25日より公開中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top