大泉洋、「映画ドラえもん」ゲスト声優出演決定 のび太を襲う海賊船の船長に

俳優の大泉洋が、2018年3月3日公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』にゲスト声優出演することがわかった。


『映画ドラえもん』シリーズ38作目となる本作は、夢とロマン溢れる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って、のび太たちが大冒険を繰り広げる物語。

「映画ドラえもん」に大泉洋がゲスト声優出演

「映画ドラえもん」に大泉洋がゲスト声優出演
© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

『千と千尋の神隠し』『バケモノの子』など、これまでに10作品ものアニメ映画に出演し、声優としても評価が高い大泉洋が今回演じるのは、のび太たちを襲う海賊船の船長で、宝島に眠る財宝のカギを握るキャプテン・シルバー役。

今回のオファーを受け、「事務所ではなく娘と話し合って出演を決めました(笑)」と、ドラえもんファンの愛娘に背中を押されて快諾したという大泉。
自身もドラえもんの漫画を読んで育ったドラえもん世代であることから「僕は完全にのび太ですよね。出木杉君ではない。最終的にドラえもんに頼る姿は、かつての兄に頼る僕です。」と、かつての自分を振り返りつつも、「今回は、宝島のカギを握る海賊船の船長という役どころなので、何かひとつ信念を持っているような、深みのある大人の男を演じられたらと思っています」と意気込みを語っている。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

大泉洋コメント

今回オファーをいただいた率直な気持ちは、「…ついに来た!!ドラえもんだ!!!」です。まずはマネージャーとではなく、6歳の娘と話し合いましたよね。「どうする?パパ、ドラえもん出て欲しい?」って聞くと「うん!」って。最終的なGOは娘が出しました(笑)。
脚本を読んでみると、これまた良いんです。ドラえもんの映画って、大人が見ても面白いし、泣いちゃいますが、今回も本当にぐっとくる物語でした。特に、僕みたいに子どもを持つ親にはもう、参っちゃいます。娘はまさに今がそうですが、僕も立派なドラえもん世代。子どもの頃は漫画を買って読んでいましたが、僕は完全にのび太ですよね。出木杉君ではない。のび太って、全然やらなきゃいけないことやらないでしょう?最終的にドラえもんに頼る姿は、かつての兄に頼る僕です。兄は僕のドラえもんでした(笑)。今回は、宝島のカギを握る海賊船の船長という役どころなので、何かひとつ信念を持っているような、深みのある大人の男を演じられたらと思っています。ドラえもんの世界に自分が参加していることに感動していますが、まずは映画を盛り上げられるよう頑張ります!
最後に、娘に一言贈ります。「パパ、頑張るからね!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top