斎藤工、桐谷美玲の小顔に命名「桐谷蜃気楼」&今年の漢字は?

ワイモバイル新商品発表会

女優の桐谷美玲、俳優の斎藤工、お笑いコンビ・にゃんこスターが30日、都内で行われたワイモバイルの新商品発表会に出席した。


桐谷、斎藤、そして出川哲朗が出演するワイモバイルの新テレビCM「ワイモバ学園」シリーズの第1弾として、「双子ダンス部」篇が12月1日(金)から放映される。新CMで桐谷と至近距離でダンスを踊った斎藤は、「やっぱり顔が小さすぎて……僕は『桐谷蜃気楼』って呼んでるんですけど、どこにいるかわからないんですよ。遠くにいるな、と思うと近くにいるみたいなところがあって、ちょっと距離感が難しかったですね」と桐谷の小顔に戸惑ったことを明かしていた。

「双子ダンス部」篇に続いて12月20日(水)から放映される「リズム縄跳び部」篇では、『キングオブコント2017』での準優勝をきっかけにブレイクした、お笑いコンビ・にゃんこスターがCM初出演を果たしている。
こちらのCMでは斎藤が、にゃんこスターのスーパー3助に扮して、独特の動きを披露していることから、「ナベプロ所属の芸人さんの真似を全力でする一年でしたね」と話して会場の笑いを誘った。

イベント後の囲み取材でも「ナベプロさんの恩恵に授かった一年」と、昨年末に放送されたテレビ番組でサンシャイン池崎のネタを真似た「サンシャイン斎藤」というネタを披露し、話題を呼んだことに触れた斎藤。
「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」の発表が翌日に控えていることから、「空前絶後の」がノミネートされていることについて聞かれると、「池崎さんを応援しているので、獲ったらすごいなと思います」と受賞に期待を寄せていた。

また、年末恒例の「今年を漢字一文字で表すなら?」との質問が飛ぶと、「芸能人みたいですね」と、おどけながら「悪い意味じゃなくて『陰』」と発表。
長編初監督作品となる『blank13』の編集に半年ほど掛り切りになっていたそうで、日の当たらない時間が長かったからというのがその理由。「でも、その活動が自発的なものであったので、今まで見たことないところには行けたかな。その“陰”の時間があったからだなと思うので、来年もその陰の時間を濃くしていきたい」と新たな挑戦で得た手応えを語った。

桐谷は「旅」。「仕事でもプライベートでも、今年はいろんなところに行けたので。海外も含めて、いろんな旅をした年だったなと思います」と充実の一年を回顧。
にゃんこスターのアンゴラ村長は「湯」。「ありがたいことに忙しくさせていただいて、ゆっくりお風呂に浸かる時間がないなあ、という『湯』です」と、バスタイムが恋しい様子。スーパー3助は「『猫』ですかね。にゃんこスターの猫。ふてニャンもいますしね」とまとめた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top