高杉真宙、実写ドラマ「賭ケグルイ」で新境地の“ヘタレ”役に挑戦

「賭ケグルイ 」鈴井涼太役:高杉真宙

主演・浜辺美波、監督・英勉で実写ドラマ化される『賭ケグルイ』に、俳優の高杉真宙が出演することがわかった。


MBS/TBSドラマイズム枠で2018年1月より放送される本ドラマは、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の同名漫画が原作。「ギャンブルの強さ」が生徒たちの階級を決定する私立百花王学園を舞台に、壮絶な駆け引きと騙し合いの心理バトルを描く。

高杉が演じるのは、ヘタレで勝負に弱く、学園の底辺に追いやられるも、浜辺演じる主人公・蛇喰夢子との出会いにより、彼女に翻弄されながらも強い味方となる男子校生・鈴井涼太。
気弱で博才がなく、ギャンブルの強さが全てとされる百花王学園において、最下層とされる家畜“ポチ”に身を落とすも、転校してきた夢子に救われ、その後、彼女と行動を供にするパートナーとなる。ギャンブル狂が集う百花王学園において、唯一といっていい常識的な感覚の持ち主である。

これまでクールな役を演じることが多かった高杉だが、今回、鈴井涼太を演じるにあたり「初日からポチと呼ばれてボコボコにされたり、ずっと叫びながら挙動りまくっていたりと、今まで演じたことがないキャラクターなので、めちゃくちゃ楽しかったです。『賭ケグルイ』は濃いキャラのぶつかり合いなので、他の方の演技を見て、鈴井のキャラを一段と濃くしてやろうという気持ちでやらせていただいています」と意気込みを語る。

『トリガール!』で現場をともにした英監督は「真宙君は一生懸命にやるほど面白いです。真面目に考えてやればやるほど笑えます。初日から“やりたがり”が溢れ出ていましたが、まだまだやりましょう」と、高杉に大きな信頼を寄せ、高杉も「英監督の作品では毎回、挑戦的なことをやらせていただけ、自分の新しいものが見えてくるので、これからが楽しみで仕方がないです」と、俳優の振り切った演技を演出することに定評のある英監督の演出に期待を込めた。

ドラマ『賭ケグルイ』は、MBSで2018年1月14日より毎週日曜深夜0時50分〜、TBSで2018年1月16日より毎週火曜深夜1時28分〜放送。

高杉真宙(鈴井涼太役)コメント全文

撮影が始まって、初日からポチと呼ばれてボコボコにされたり、ずっと叫びながら挙動りまくっていたりと、今まで演じたことがないキャラクターなので、めちゃくちゃ楽しかったです。
「賭ケグルイ」は濃いキャラのぶつかり合いなので、他の方の演技を見て、鈴井のキャラを一段と濃くしてやろうという気持ちでやらせていただいています。
英監督の作品では、毎回、挑戦的なことをやらせていただけ、自分の新しいものが見えてくるので、これからが楽しみで仕方がないです。最初からエンジン全開でガンガン攻めていきたいと思いますので、楽しみにしていてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top