テレ東「ドラマ24」が「週刊少年ジャンプ」とタッグ 伊藤淳史ら出演陣がコスプレに挑戦!?

『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』

数々の挑戦的なドラマを生み出し、注目を集めてきたテレビ東京金曜深夜のドラマ24枠にて、「週刊少年ジャンプ」とタッグを組んだドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』が放送されることがわかった。


2018年1月クールで記念すべき50作目を迎えるドラマ24。ドラマ24第50弾特別企画『オ ー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』は、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」が全面協力したオリジナル作品。
数多くのファンに愛され続けてきた「週刊少年ジャンプ」がその長い歴史の中で生み出してきた伝説的な作品から最新話題作までがドラマ内に様々な形で登場する、テレビ東京ドラマ24と週刊少年ジャンプの最強コラボによる、この冬一番笑えてホっとするコメディードラマ。

物語の主人公・月山浩史は、かつて「週刊少年ジャンプ」が大好きでヒーローに憧れていた少年だったが、大人になった今では“ことなかれ主義”で、リスクを避け、面倒なことは大嫌いな営業マン。
そんな月山がある日、「週刊少年ジャンプ」が好きな人達が集まる秘密クラブと出会う。ジャンプの名作マンガ、人気エピソード、お気に入りのキャラクターなどを大人たちが語り合うその秘密クラブで、悩みや葛藤を抱えながら生きる人達の人生に触れ、少しずつ変わっていく月山。
やがて、かつてヒーローに憧れていた月山は覚醒し、さらに、他のメンバーも覚醒しはじめ、ついには地球規模の災いに巻き込まれる?! テレビ東京の深夜ならではの中毒性の強い斬新なヒーローエンターテインメントドラマとなっている。

主人公の月山浩史を演じるのは、芸歴30年を超える伊藤淳史。チビノリダーで一世を風靡した伊藤が、新たなヒーローに変身する。
共演には、実力派が集結。ジャンプのヒロインに強い憧れがあり、コスプレが趣味の女医・木暮美樹役に佐藤仁美、劇画チックな台詞を吐くが仕事に関しては超有能な剛腕営業マンで、月山のライバルとなる黒塚朝日役に馬場徹、沖縄出身の漫画家志望・金城真治役に柳俊太郎、少年ジャンプ秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」のマスター・土田跳躍役に斉木しげる、聖闘士星矢ファンの水川康介役に寺脇康文が決定。

彼らが劇中で見せるコスプレ姿も注目のポイント。
主演の伊藤は「僕がコスプレするキャラクターに関しては、あまりにも”ヒーロー”ですし、皆さんの中でもイメージがすごくあると思うので、あくまでもドラマの中での“浩史が作り上げるキャラクター”ということで許してもらえれば」と話し、「それぞれ、コスプレをされた共演者の皆さんとお芝居するのが、凄く楽しみです。壮大なスケールになっていくと聞いていますので、スタッフの皆さんとも力を合わせて、がんばって参ります」と意気込んでいる。

ドラマ24第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』は、テレビ東京系にて2018年1月12日(金)より、毎週金曜深夜0時12分から放送。

©「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top