視聴熱ランキング1位獲得!「花にけだもの」が急展開

dTVおよびFODで配信中のドラマ『花にけだもの』が、SNSを中心に話題沸騰中。物語の後半にかけてさらなる盛り上がりを見せ、ついに”視聴熱”ランキング「リアルタイム」第1位を獲得。数々の地上波ドラマをおさえ、配信ドラマとして異例のヒットを記録している。


本作は、見た目や発言は男らしいが、好きな人の前だけでたまに見せる可愛らしい一面がたまらない“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く青春ラブストーリー。
主人公の熊倉久実(中村ゆりか)と柿木園豹(杉野遥亮)の恋が実った矢先、大神カンナ(入山杏奈)が元カレである豹への気持ちを断ち切れずにいることに、久実が気づいてしまった第6話。続きが気になる第7話がきょう12月11日に配信された。

(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
「花にけだもの」第7話 場面カット
(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
「たとえ誰かを傷つけてもおれはずっとキューちゃんの側にいる。キューちゃんさえいればいいんだ」と言う豹だが、久実は大事な人たちを傷つけたくないと、豹への気持ちとカンナの気持ちを考え悩む。
そんな中、日吉竜生(甲斐翔真)の提案で久実、豹、千隼(松尾太陽)、カンナでクリスマスパーティーを開催することに。ゲームで負けた豹が、誰かにキスをするという罰ゲームをすることになり、「そんなの罰でもなんでもない」と久実にキスをしようとする。千隼やカンナが見ている前で2人がキスするという複雑な状況になったとき、すかさず竜生が豹にキス!空気を読んだ竜生のお陰でその場はまるく収まる。

豹と付き合うことで大切な人を傷つけることになってしまうと悩んだ久実は、パーティの帰り道、豹に「友だちに戻りたい」と伝える。豹は「俺だけがキューちゃんを好きでもいい。だから俺から離れるな」と久実を抱きしめるが、「ごめんなさい」と泣き出す久実。そんな久実に、豹はアルバイトで頑張って買ったクリスマスプレゼントのネックレスをつけてあげると「最後にひとつだけ、俺の思い出持っていって」と強く抱きしめる。

(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
「花にけだもの」第7話 場面カット
(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
豹と別れた久実は海にスクールリングを投げ捨てようとするが、そこに千隼が現れる。豹と別れたと伝える久実。「豹君もカンナちゃんも大切で、苦しくて、恋を放り出した」と言い、スクールリングを海へ投げてしまう。
すると、千隼はリングを探しに海へ。無口でぶっきらぼうな千隼が、「今、奇跡を起こしてお前の気持ちが手に入るなら」と必死にリングを探す。もういいからという久実に、「お前に奇跡をやるよ」と探し出したリングを差し出し、「俺はお前が好きだ」と秘めていた想いを伝える。

急展開を迎えたそれぞれの関係はどうなるのか・・・!?
dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの』は、dTVおよびFODで配信中。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!