欅坂46長濱ねる、故郷・五島列島で撮影の初写真集は「510点」

長濱ねる

長濱ねるが19日、1st写真集「ここから」(講談社)の発売を記念したお渡し会を都内の書店で開催。イベント前に報道陣に向けた囲み会見を行った。


本写真集の撮影は、“青春”をテーマに、長濱の故郷である長崎・五島列島を中心にロケを敢行。初めての水着撮影にも挑戦し、五島列島の美しい景色を舞台に、自然体のいきいきとした表情を詰め込んだ一冊となっている。

写真を撮られる際に構えてしまうことが多いため、「リラックスして撮りたい」と、開放的になれる地元での撮影を選んだ。撮影中のエピソードとして、「毎日女性スタッフの方とお風呂に入っていて、最終日に4日間の疲れがどっときてしまって、脱衣所でそのまま寝てしまって、スタッフさんに運んでもらいました」と告白。「朝起きたらベッドにいました」と苦笑いを浮かべた。
「写真集に点数を付けるなら?」との質問には「510点」と答え、「五島(列島)の景色がたくさん入っているので、五島と掛けてみました」と茶目っ気を見せた。

本写真集の初版発行部数は、今年の“写真集女王”に輝いた乃木坂46・白石麻衣の「パスポート」(講談社)を超える12万部。長濱は「(担当が)白石麻衣さんの写真集と同じ編集者で、その方が勝手に……言ってしまって、大事になってしまって本当に申し訳ない」と恐縮しきり。「(白石の)背中を追いかけて頑張っていきたい」と謙虚に語った。

今年1年を「初めての経験をたくさんさせていただいて、自分としてはすごく楽しい1年でした」と振り返った長濱。恒例の「漢字1文字で表すと?」との問いには、「練習の“練”」と答え、「たくさんの試練を乗り越えた1年だったというのと、自分の名前が“練る”からきていて、自分の頭でいろいろ考えた1年だったと思います」と、その理由を説明。
来年に向けて「グループとして3年目の年なので、今年以上にもっともっと頑張って、充実する1年にしたい。また全国ツアーとかをやって、全国の方に会いに行きたい」と抱負を語った。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!