沢尻エリカ、6年ぶり映画主演 「猫は抱くもの」で犬童監督と初タッグ

「猫は抱くもの」公開決定

女優の沢尻エリカが2018年6月23日(土)公開の映画『猫は抱くもの』で、『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりに主演を務めることがわかった。


本作は人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を、映画『グーグーだって猫である』(2008)を手掛けた“猫映画の名手”犬童一心監督が映画化。
思いどおりの生き方ができず、いつしか心に孤独を抱えてしまった30代女性と、自分を彼女の恋人だと信じて疑わない猫との関係を描く、ファンタジー・テイスト溢れるハートウォーミングな作品。

沢尻が演じるのは、とある地方都市のスーパーマーケットで働く33歳の沙織。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた女性、という役どころ。
今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」にだけ心を許し、嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと……日々、正直な気持ちを語りかける。

「犬童監督の作品にはいつか出演してみたかった」と、今回の出演オファーを即決したという沢尻エリカ。『ヘルタースケルター』や『新宿スワン』(2015)で見せた“強い女性”像からは一転、本作では自分をうまく表現できず思うように生きられない30代女性のもどかしさを、繊細に表現している。
大胆な演出手法で“人の世界”と“猫の世界”、そして“一人の女性の内面の世界”を縦横に交錯させた世界は、沢尻いわく「まったく新しいチャレンジ」。本人によるアイドルグループ「サニーズ」のダンス&歌唱シーンも含め、6年ぶりの主演作に相応しい、表現者としての新境地を見せた作品となっている。

本作は10月30日より撮影を始め、先日無事クランクアップ。念願の犬童監督との初タッグについて沢尻は「すごく、やりがいがありました。全編が今まで経験したこともない撮り方ばかりでした。舞台上で撮るシーンと実景シーンが混在していて、『人の世界』と『猫の世界』が入り混じっていたので、演じ分けが大変でしたけれど、全力投球でやりきるしかないなと(笑)。自分の限界を決めず、監督の演出のもとでどこまでいけるか挑戦できたと思います」と手応えを語っている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!