桐谷美玲「宝物のような映画になった」2年ぶり主演作が封切り

「リベンジgirl」初日舞台挨拶

映画『リベンジgirl』が23日に公開初日を迎え、主演を務めた桐谷美玲をはじめ、共演の鈴木伸之、馬場ふみか、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、そして三木康一郎監督が、都内で行われた初日舞台挨拶に登壇した。


映画は“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”という、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝(桐谷)が、フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指して奮闘する様を描くラブストーリー。

共演陣とは本作で初めて顔を合わせたという桐谷。パートナー役の鈴木について、彼が出演するアクション映画などの影響から「最初はすごく強そうだなと思っていた」と、当初抱いていたイメージを打ち明けるも、撮影期間を通じて「虫が苦手だったり、高い所が苦手だったりとか、強いというより可愛らしい人だなという印象に変わりました」と話す。
さらに「プロモーションしてる中ですごくテンションの高い日があった」と、取材中に急にカメラに向かって指を差した鈴木のポーズを再現し、「見たことない鈴木伸之がいました」と、彼のチャーミングな一面を伝えた。
その鈴木は桐谷の印象について、「ずっとテレビで見ていた方だったので、そのまま。姿勢もいいし、凛としていて、真面目」と語り、「初日からフランクに話しかけてくださったので、現場に参加しやすかった」と、気さくな人柄に助けられた様子だった。

一方、敏腕政治秘書を演じた斉藤由貴は、「女優という演じる立場から見ると、この台本を呼んだ時の初見は『なんて難しい台本だ』という印象でした。すごくハードルの高い脚本」とし、「主人公が破天荒なキャラクターなので、自分のキャラクターとしてものにするのは桐谷さんの中でも様々な葛藤がおありになったんじゃないかな」と推察。実際に現場で撮影に臨む桐谷を見て、「自分の中で宝石美輝というキャラクターを作っていこうとチャレンジしている姿が素晴らしいなと思った」といい、「華奢で美しくて、というところがフィーチャーされがちですけど、彼女の根底にある根性が宝石美輝という役柄と相通じるものがある」と熱演を讃えた。
桐谷は斉藤の言葉を受けて、「宝石美輝は私にとって挑戦だったなと思うので、そうやって見ていてくださっていたことを知ると、頑張ってよかったなと思う」と笑顔を見せていた。

舞台挨拶では、登壇者が本作を漢字一文字で表現。
桐谷演じる宝石美輝を支える政治秘書を演じた鈴木は「挑」と書き、「彼女はフラれたことをきっかけにして政治の世界に足を踏み入れるんですけど、何もわからない状態から1つずつ挑戦していく姿を隣で見させていただいた。桐谷さん自身にとっても挑戦だったと思う」とコメント。
桐谷は「宝」と書き、「役名でもあるし、みんなで一生懸命頑張って作った、宝物のような映画になったと感じています。これから観ていただく皆さんの心にも宝物のように残って欲しい」と、一文字に込めた思いを語った。


  Share:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!