まゆゆ、AKBラスト楽曲は卒業ソング希望 選ばれたら「泣くと思う」【紅白リハ】

紅白リハに臨んだAKB48

アイドルグループ・AKB48が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた「第68回NHK紅白歌合戦」リハーサル初日に参加した。


当日AKBがパフォーマンスする楽曲は視聴者投票で決定する。現在「夕陽を見ているか?」「大声ダイヤモンド」「言い訳Maybe」「Beginner」「恋するフォーチュンクッキー」「希望的リフレイン」「#好きなんだ」「11月のアンクレット」「ほねほねワルツ」「365日の紙飛行機」の上位10曲が候補として残っており、本番ではベスト3を披露する。

この日行われたリハでは、総監督の横山由依がくじを引いて選ばれた曲を歌った。引いたのは「大声ダイヤモンド」「11月のアンクレット」、そして「ほねほねワルツ」。横山は「昨日深夜までリハをしていたので心配なくできてよかった。『ほねほねワルツ』も上位10位なので支持されている。本番どうなるのか…」と心配していた。

紅白のステージをもって11年におよぶアイドル人生に終止符を打つ渡辺麻友は、最後のセンター曲「11月のアンクレット」で「終えたい。最後に歌ってAKB人生を終えたい」とアピール。紅白がラストステージということに関しては「こんなにも歴史のある素晴らしい舞台でAKB最後の瞬間を迎えられるのは光栄。センターシングル曲が1位になって歌いたい。たぶん1位になったら感極まって泣くと思う。人前であまり泣くことはないんですけど…」と涙を“予告”した。

センター曲「#好きなんだ」「恋するフォーチュンクッキー」が候補に残っている指原莉乃は「歌えたらうれしい」としながらも「楽曲の投票なので。いい曲ばかりなのでどれが1位になっても楽しみ」と笑顔。「大声ダイヤモンド」でセンターを務める松井珠理奈は「当時小学6年生で、今ハタチ。もう一度歌えたらうれしい。ファンの方と笑顔で締めくくりたい」と語った。

歌唱曲の投票は30日正午まで受け付ける。

「第68回NHK紅白歌合戦」は「夢を歌おう」をテーマに、様々な世代の「夢」を応援する「歌のエール」を届ける。12月31日(日)19時15分から23時45分までNHK総合・NHKラジオ第1にて放送(中断ニュースあり)。

※記事初出時、内容に一部誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!